里村仁志先生の記事

著者プロファイル

医師

里村仁志先生

新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
1 クリップ

里村クリニック院長(埼玉県さいたま市南区大谷口5320-1)。消化器疾患が専門。2003年 獨協医科大学医学部卒業、2005年獨協医科大学第1外科、2016年さいたま赤十字病院外科を経て、現在に至る。

記事(53)
顔が黄色くなっている!?繰り返す胃痛や嘔吐…食べ過ぎかと思っていたらまさかの病気が判明【体験談】
顔が黄色くなっている!?繰り返す胃痛や嘔吐…食べ過ぎかと思っていたらまさかの病気が判明【体験談】
私は出産後から慢性じんましんや扁桃炎になるなど、自身の免疫力が低下しているように感じていました。「年のせい」や「自分の良い免疫が子どもにうつった」などいいように捉えていたのですが、38歳の夏ごろから体に異変が現れます。それは胃痛と嘔吐。最初は食べ過ぎだと軽く考えていましたが、何度も繰り返すため「胃がんなのでは」と不安になった私の話です。
長年の胃腸の悩みが簡単に改善した!私が試した身近なアイテムとは?【体験談】
長年の胃腸の悩みが簡単に改善した!私が試した身近なアイテムとは?【体験談】
私は、幼いころから胃腸が弱く、胃痛、下痢や便秘に悩まされてきました。さらに更年期に入ると症状が悪化し、食欲も落ちて食べたくても食べれないという状況になることもしばしば。そんなある日、胃腸科の先生があるアイテムによっておなかが温まり、胃腸の働きを活性化させると説明している動画を目にしました。そのアイテムとは。
突然の激しい腹痛に襲われる!「もしかして盲腸?」と思ったら、まさかの病名が判明【体験談】
突然の激しい腹痛に襲われる!「もしかして盲腸?」と思ったら、まさかの病名が判明【体験談】
40代に入り、あちこちに小さな不調が多くなってきたころのことです。今まで感じたことのない強い腹痛に襲われ、「もしかして盲腸?」と思いながら慌てて病院へ向かったのですが、診断結果は意外なものでした。「そんな病気があったなんて!」と驚いた体験談をお伝えします。
つらい大腸内視鏡検査…。4回受けた私が今回ラクにクリアできた方法とは【体験談】
つらい大腸内視鏡検査…。4回受けた私が今回ラクにクリアできた方法とは【体験談】
周囲には大腸内視鏡検査を1度も受けたことのない人が多くいます。しかし、私は40代半ばにしてすでに4回目。便潜血の検査で再検査を経験してから、2年に1度のペースで受けるようになりました。つらいといわれる大腸内視鏡検査を、ラクにクリアできた方法をお伝えします。
ストレスから半年に1度胃腸炎→胃痛がしていつもの胃腸炎かと思ったら、予想外の病気が判明【体験談】
ストレスから半年に1度胃腸炎→胃痛がしていつもの胃腸炎かと思ったら、予想外の病気が判明【体験談】
うつ病は治すことができる病気と言いますが、私は20代の後半から現在の43歳まで、ずっと薬がなければ過ごせないような状態です。若いときはそれなりに働くことができましたが、季節の変わり目による寒暖差ストレスでも体調を崩すようになりました。40代になってからは、半年に一度のペースで胃腸炎に。そして、ついに思いも寄らなかった病気になってしまいました。
ただのストレスによるおなかの不調だと思っていたけれど…医師からまさかの診断が!【体験談】
ただのストレスによるおなかの不調だと思っていたけれど…医師からまさかの診断が!【体験談】
2018年2月、みぞおちの辺りのむかつきと吐き気、下痢が数日間続いていました。私は若いころから胃腸が弱く、おなかの調子が不安定でスッキリしないのはいつものことだったので、この程度なら市販の整腸剤を服用して様子を見ていれば大丈夫だろうと思っていました。しかし症状は一向に治まらず、仕方なく病院へ行くことに。そこで医師が告げたのは、私が思ってもいなかった症状だったのです。
夫が胆石で胆のう全摘。間違えだらけの夫の食理論を病院の栄養士が一刀両断!【体験談】
夫が胆石で胆のう全摘。間違えだらけの夫の食理論を病院の栄養士が一刀両断!【体験談】
腹痛を訴えかかりつけ医を受診した夫が、胆石による炎症と診断され手術のできる大病院へ救急搬送。2度にわたる手術で、胆管に詰まった結石を取り、石灰化した胆のうを全摘しました。食習慣が影響する病気ということで、退院後に食事指導を受けると、夫の普段の食習慣がNGだらけだったことがわかったのです。
電車に乗るとすぐにトイレに行きたくなる! トイレの回数を減らすことができた意外な方法とは
電車に乗るとすぐにトイレに行きたくなる! トイレの回数を減らすことができた意外な方法とは
いつから始まったのかは明確な時期はわかりませんが、電車に乗るとしばらくしてトイレに行きたくなることがありました。我慢できなくて途中下車することも度々あり、出かけることに不安な日々を送っていました。なかなか良くなる兆しが見えなかったある日、わらにもすがる思いで試したある方法で克服できた体験談を紹介します。
「おしりを見てくれ」夫からのまさかのお願いに困惑! その裏には驚きの理由があって
「おしりを見てくれ」夫からのまさかのお願いに困惑! その裏には驚きの理由があって
夫と結婚して8年目。ある日夫から言われた言葉に私は驚きました。「どうもおしりが痛い、すごく恥ずかしくて言いにくいんだけど……おしりを見てくれない?」と言われ恐る恐る夫のおしりをのぞき込むと、そこにはクレーターのようなできものが……。これは、恥ずかしさから病院へ行くのを渋った、夫のおしりトラブルにまつわることをお話しします。
「食べ過ぎかな…」胃の不調が続いて検査した結果、中年女性に多いまさかの病気だった!
「食べ過ぎかな…」胃の不調が続いて検査した結果、中年女性に多いまさかの病気だった!
40代になってから、時々胃が痛くなることがありました。そのため、キッチンの棚には、市販の胃腸薬を常備して、胃の調子が悪いときに服用するように。大体、服用すると数日で回復したので、食べ過ぎかなと思う程度でした。ところが、ある夏の終わり、市販の薬を飲んでも良くならず、病院へ行ってみたところ実は……。
いつものバリウム検査のはずが激しい腹痛に! 検査から3日後、病院に駆け込むまさかの事態に【体験談】
いつものバリウム検査のはずが激しい腹痛に! 検査から3日後、病院に駆け込むまさかの事態に【体験談】
毎年自分の健康状態をチェックするために受けている人間ドック。これまでは特に問題ありませんでした。しかし今年は、検査の数日後に思いもよらない痛い目に遭ってしまいました。バリウム検査が原因で病院に駆け込むことになった私の体験談です。
激しい腹痛と発熱、さらに下血まで…内科でおなかの風邪と診断されるも回復せず胃腸科で診断されたのは
激しい腹痛と発熱、さらに下血まで…内科でおなかの風邪と診断されるも回復せず胃腸科で診断されたのは
当時48歳だった私は、ある日の夜中に激しい腹痛に襲われました。初めは便秘からくるものだろうと思っていたのですが、排便をしても治まらない腹痛……。翌日内科を受診するも回復せず、症状はひどくなるばかりでした。ついに下血して不安になり、今度は胃腸科を受診。そこで診断されたのは……。
トイレで意識がもうろうと…ただの便秘による腹痛だと思っていたら気絶寸前の事態、まさかの病気に!
トイレで意識がもうろうと…ただの便秘による腹痛だと思っていたら気絶寸前の事態、まさかの病気に!
普段からよく便秘になり、便秘から来る腹痛でトイレにこもることが多い私。ある日、おなかが痛くなり、今回もいつもの便秘による腹痛だと思っていたら、どうやら痛み方が違うようで……。どんどん痛みは増していき、夜間救急へ駆け込み入院する事態になったのです! 突然、病気を発症して苦しんだ体験をお話しします。
PICKUP

ベビカレアプリ
新コーナー!

✨今すぐ✨
チェック →