卒乳の体験談

息子は完全母乳で育ちましたが、生後10ヶ月の時に私が第二子を授かり、悪阻や睡眠不足で夜の授乳が辛くなったため、断乳することを決めました。断乳決行日は息子が一歳の誕生日を迎える月で、夫に会社から帰ってきて寝かしつけに協力してもらえるよう金、土、日曜日で設定をしました。約一ヶ月前から昼間の授乳回数を減らしていき、なるべく離乳食とおやつだけで日中は乗り切るようにしていきました。そして断乳決行日の一週間前ぐらいから寝かしつけの授乳をやめ、他の寝かしつけの方法を試しました。絵本や背中トントンは息子には全然ダメで、最終的に部屋を暗くして添い寝をしながらテレビで子供向け教育番組を見ると20~30分ほどで寝てくれるようになりました。そして断乳決行日、日中と寝かしつけはもう授乳が無くても大丈夫だったので、あとは夜間だけです。初日の金曜の夜は、やはり授乳していた時間に2回ほど泣きましたが、抱っこはせず気長に添い寝をしていたところ30分ほど泣きながら寝返りを繰り返しそのまままた寝てしまいました。2回目に泣いた時も同様でした。二日目の土曜の夜も夜泣きを覚悟していましたが、初日ほど泣くこともなく起きてもすぐまた寝入ってくれました。三日目の日曜日以降も、ほぼ泣くことなく朝までぐっすり寝れるようになり、無事に断乳することができました。約一カ月かけて徐々に授乳回数を減らしていったからか、断乳後は少しおっぱいが張った程度で特に痛みもなく、自分で数回搾乳しただけで落ち着きました。おっぱいが大好きだった息子が断乳できたことに驚きと、息子の成長を感じました。私も朝までぐっすり寝れるようになり慢性的な疲労感や睡眠不足が解消されたので、以前よりも昼間息子と余裕を持って楽しく過ごせるようになりました。

2015/03/23 もなか さん

 

 

私は母乳が出なくて8割ミルクで娘は育ちました。時々子育てサロンで卒乳の話題が聞こえたりして娘はいつ卒乳できるのかなって気になってました。従妹の子供は3歳くらいまでミルクを飲んでたと聞いていたし気にしないように過ごしていました。
今年1月になって哺乳瓶の卒業をめざしていてコップとかで毎晩寝かしつけのミルクと牛乳を交互に一日おきに与えてたら急に飲まなくなってあっさり卒乳できました。
牛乳を飲まないので今はヨーグルトやチーズで補ってます。

2013/03/01 なみな さん

1才半から保育園に行き始めた娘ですが、夜、寝かしつけるときだけはおっぱいを飲んでいました。欲しがらなくなる時期まであげればいいかなと思っていたのですが、保育園の歯科検診で、「軽い歯肉炎」と診断され、夜のおっぱいが口腔衛生上良くないとのことで、卒乳を決意!泣くかなあと覚悟していたのですが、さすがに2歳前になっていたので、ぐずることもなく、あっけなく卒乳できました。

2012/12/26 あっちママ さん

10月生まれの息子の1歳の誕生日が過ぎた頃、卒乳をいつにするか考え、お正月過ぎに決行しました。クリスマスにママ友3人で集まったときにその話になり、2人は上の子供さんがいる先輩ママで段階的にやめることを薦められました。ところが正月明け、さあやるぞというタイミングで偶然、子育て支援センターでその話になり、保育士の先生から「やめるなら全部一気にやめたほうがいいよ」と言われたので一切あげないことにしました。
夜の寝かしつけが添い乳だったので不安でしたが、最初の3日間はたまたま夫の帰りが早かったり休日で、夫が息子と入浴し、息子が眠くなるタイミングで私が入浴すると、その間にテレビを見る夫のひざで眠っていました。4日目からは夫の帰りが遅く、寝かしつけも長時間の抱っこを覚悟しましたが、布団に寝かせて隣に添い寝するだけで10分ほどで寝てしまい、びっくり。たまたまかと思ったのですが翌日もその翌日も同様で。
後々聞いたのですが、最初の3日間が肝心で、偶然にもその3日間に夫の協力があった為、とてもスムーズに卒乳できたと思います。その後もしばらくはおっぱいを欲しがる仕草を時々しましたが、真冬だったので常にハイネックのトップスで過ごせたのも功を奏していたと思います。

2012/06/28 きょん×2 さん

 

 

2015/07/15


コメント

  • この記事にコメントする

    残り文字

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。