【体験談】突然の粉ミルク拒否。予定外の完全母乳育児でした

2017/06/02 13:00
子どもが生後3カ月ごろ、突然に粉ミルクを拒否するようになり、母乳だけで育てることになってしまいました。人に預けることもあるため、どうにかして粉ミルクを飲んでもらえるよう、あらゆる手段を尽くしましたがすべて惨敗。でも、完全母乳で育てていてよかったこともありました。そのときの体験談をお伝えします。
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:
体験談
完全母乳
母乳

 

子どもが生後3カ月ごろ、突然に粉ミルクを拒否するようになり、母乳だけで育てることになってしまいました。人に預けることもあるため、どうにかして粉ミルクを飲んでもらえるよう、あらゆる手段を尽くしましたがすべて惨敗。でも、完全母乳で育てていてよかったこともありました。そのときの体験談をお伝えします。

 

突然の粉ミルク拒否

私の息子は生後3カ月までは混合栄養、母乳と粉ミルクを交互に与えていました。しかし、生後3カ月を過ぎるころに、ときどき哺乳瓶を舌で押し出してくるように……。遊んでいるだけと思い、気にせずに粉ミルクを与え続けていたのですが、少しずつ飲む量も減り、ついには嫌がって泣くこともあるほどでした。

 

でも、おなかは減っているようで、ミルクの時間になると機嫌が悪くなります。母乳をあげているときがいちばん平和な時間でした。

 

どうにか飲んでほしい粉ミルク

母乳の量に自信のなかった私は、すぐに完全母乳で育てることを決意できず、いろいろな方法を試しました。

 

たとえば

・市販されている粉ミルクをすべて試す

・哺乳瓶の乳首を替える

・哺乳瓶を替える

・離乳食用のスプーンでひとさじずつ与える

・粉ミルクは夫か、義母に与えてもらう

 

結果はすべて惨敗でした。結局、母乳しか飲まないので、じょじょに母乳の回数が増え、多いときで1日10回以上授乳をしていました。

 

 


完全母乳のメリットとデメリット

完全母乳で育ててみると、息子の成長には影響なく、幸いなことに丈夫に順調に育ってくれました。しかし、息子を人に預けにくい点は困りました。預けることができて2~3時間以内です。

 

それでも、母乳ならば自分さえいればいいので、哺乳瓶などの荷物が減り、ミルク代もかからず、家計の負担もだいぶ軽くなりました。また、授乳場所は選びますが、授乳ケープを使えば問題なく、子どもを待たせなくて済む点もよかったと感じました。

 

 

子どもの栄養方法は、親の思い通りにいかないこともあるのだと思い知りました。私は、粉ミルクのよさも母乳栄養のよさも体験することができて、よかったと思っています。(TEXT:ママライター富士ちあき)

 

 


  • 0
  • 0
  • 0
  • 1

既にクリックしています。

  • うちの子も機嫌が悪いとミルク拒否するので、スプーンであげてます(涙)
    うちも味覚が発達してきたのか、3~4ヶ月の頃から哺乳瓶を嫌がるようになってきてました。
    まだスプーンで飲んでくれるだけマシですね(><)
    似た悩みを抱えてるママも多いのかも。励みになりました。ありがとうございます。

    2017/06/02 13:51

この記事にコメントする

残り2,000文字

ママネタの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。