ベビカレアプリで見る
ベビーカレンダー

5/8 Sat

プレゼント

メニュー

閉じる

ログイン

サバ缶バーグ

たんぽぽさんのレシピ

0

サバ缶バーグ

管理栄養士のレシピ解説

1食で1日分のビタミンB12の摂取ができるレシピです。1食分に必要なビタミンD、ビタミンE、ナイアシンも取ることができます。2日に1回は食べて欲しい青魚は、缶詰でもOKなので是非取り入れてください。肝臓を守る働きがある大根やキャべツなどを一緒に食べるのがおすすめです。

栄養価(1人分)

カロリー
259kcal
塩分相当量
1.9g
脂質
12.8g
糖質
11.1g
たんぱく質
21.9g
葉酸
22μg
1.9mg
亜鉛
1.8mg
カルシウム
270mg
コレステロール
84mg
ビタミンA
1μg
ビタミンC
5mg
ビタミンD
11.0μg
ビタミンE
3.8mg
ビタミンB1
0.17mg
ビタミンB2
0.42mg
ナイアシン
8.2mg
ビタミンB6
0.46mg
ビタミンB12
12.0μg
食物繊維
0.7g

材料(2人分)

サバの水煮缶 1個(200g)
たまねぎ 1/4個
片栗粉 大さじ2
にんにく(チューブ) 1㎝くらい
しょうが(チューブ) 1㎝くらい
ポン酢 大さじ1
醤油 小さじ1
サラダ油(キャノーラ油) 小さじ1

作り方

  1. サバ缶の水気を切ってボウルに入れ、フォークで荒く潰す。
  2. たまねぎを粗みじん切りにする。
  3. ほぐしたサバにたまねぎ、片栗粉、醤油、にんにく、生姜(各1cmくらい)を加えて混ぜる。
  4. 4つに分けて小判形にまとめる。
  5. フライパンに油を加えてサバ缶バーグを並べる。
  6. 弱火で両面にこんがり焼き色がつくまで焼く。
  7. ポン酢と生姜1cmを混ぜてまわしかけ、味を絡める。
崩れやすいので、フラオパンを強く揺すったりせずにやさしく、丁寧に焼いてください。

たんぽぽさんのコメント

たんぽぽブログ

妊娠前の食事のビタミンEを摂る新着レシピ

ビタミンEは「妊娠ビタミン」とも呼ばれ、排卵の促進、卵巣重量の増加など妊娠しやすい体をつくるためには欠かせない栄養素です。また、ビタミンEはホルモンバランスを調整してくれる働きもあり、生理痛や月経不順解消にも効果があります。

妊娠前の食事のビタミンDを摂る新着レシピ

ビタミンDはAMH(卵巣にどれだけ卵子が残っているかを測る値で、高い人ほど妊娠力がある)の低下を防ぐ役割があると言われています。小腸や腎臓でカルシウムやリンの吸収を促進することで、血液中のカルシウム濃度を保ち、丈夫な骨を作る働きもあります。

妊娠前の食事のビタミンAを摂る新着レシピ

ビタミンAは細胞や器官の形成に深くかかわっています。身体の発育を促したり、肌の健康を維持したり、喉や鼻の粘膜に働いて細菌から身体を守るなど、さまざまな重要な役割を担っています。

妊娠前の食事のカルシウムを摂る新着レシピ

カルシウムは骨や歯を作る栄養素。血液や筋肉、神経にも存在しているため、自律神経の調整にも影響を与えます。不足すると足がつったりしびれたり、「イライラはカルシウム不足」と言われるように精神面にも影響を与えると言われています。

妊娠前の食事のたんぱく質を摂る新着レシピ

私たちの身体のほとんどはたんぱく質でできています。身体に必要な酵素やホルモンもたんぱく質からできていますし、妊娠力アップに必要な鉄やビタミンなどの栄養素を、細胞に届け活性化させる大事な役割を担っています。

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)