ベビカレアプリで見る
ベビーカレンダー

5/24 Tue

プレゼント

メニュー

閉じる

ログイン

しらすの和風オムレツ

miomioさんのレシピ

0

しらすの和風オムレツ

管理栄養士のレシピ解説

1食分に必要な、たんぱく質、ビタミンA、ビタミンD、ビタミンB2、B12、ナイアシン、葉酸、マグネシウム、鉄、亜鉛、銅の摂取ができる優秀レシピです。卵と大豆には、ホルモンの生成やバランス維持に必要な、ビタミンB2やビタミンA、Dなどが豊富。大葉、ミョウガにはホルモンバランスを整えたり、イライラを抑えてくれる成分もあるので必ず添えてください。

栄養価(1人分)

カロリー
300kcal
塩分相当量
2.4g
脂質
16.9g
糖質
3.7g
たんぱく質
29.1g
葉酸
109μg
2.8mg
亜鉛
2.9mg
カルシウム
258mg
コレステロール
539mg
ビタミンA
796μg
ビタミンC
37mg
ビタミンD
20.3μg
ビタミンE
3.7mg
ビタミンB1
0.21mg
ビタミンB2
0.58mg
ナイアシン
4.0mg
ビタミンB6
0.24mg
ビタミンB12
2.8μg
食物繊維
3.0g

材料(1人分)

2個
■A
 しらす  30g
 パプリカ  20g
 エリンギ  20g
 大豆  20g
 ヨーグルト  大さじ1
■B
 大葉  5枚
 みょうが  1/2個
 ねぎ  3cm

作り方

  1. パプリカ、エリンギを5mm角にカットする。青ネギをみじんぎりする。
  2. Bの薬味を千切りする。
  3. 卵を割りほぐし、Aの材料を加えて混ぜる。
  4. フライパンに油を薄くしき、3を広げて菜箸でかき混ぜる。半熟になったらオムレツ上に巻いてできあがり。
  5. 皿に盛り、Bの薬味をトッピングする。

miomioさんのコメント

妊娠初期(〜12週ころまで)におけるビタミンAの過剰摂取について

今日のわたしをととのえる &spice.(アンドスパイス) / アーユルヴェーダフードアドバイザー田口美緒

妊娠前の食事のビタミンDを摂る新着レシピ

ビタミンDはAMH(卵巣にどれだけ卵子が残っているかを測る値で、高い人ほど妊娠力がある)の低下を防ぐ役割があると言われています。小腸や腎臓でカルシウムやリンの吸収を促進することで、血液中のカルシウム濃度を保ち、丈夫な骨を作る働きもあります。

妊娠前の食事のビタミンAを摂る新着レシピ

ビタミンAは細胞や器官の形成に深くかかわっています。身体の発育を促したり、肌の健康を維持したり、喉や鼻の粘膜に働いて細菌から身体を守るなど、さまざまな重要な役割を担っています。

妊娠前の食事のコレステロールを摂る新着レシピ

コレステロールは脂質の一種です。摂り過ぎると、心筋梗塞や動脈硬化などの生活習慣病の原因になりますが、身体の細胞膜や性ホルモンの成分にもなる大切な栄養成分なので、少なすぎるのも問題になります。

妊娠前の食事のカルシウムを摂る新着レシピ

カルシウムは骨や歯を作る栄養素。血液や筋肉、神経にも存在しているため、自律神経の調整にも影響を与えます。不足すると足がつったりしびれたり、「イライラはカルシウム不足」と言われるように精神面にも影響を与えると言われています。

妊娠前の食事の亜鉛を摂る新着レシピ

亜鉛は粘膜をつくる材料で、子宮環境をととのえるために必要な栄養素です。亜鉛は男性の前立腺に多く存在し、男性ホルモンの合成を助け精子を作ったり、精子の活動を活発にする作用もあり、子どもを望む男性にも必要な栄養素です。

妊娠前の食事の鉄を摂る新着レシピ

鉄は、体内で酸素を運ぶ役割を担っています。鉄が欠乏すると酸素の供給が不十分、いわゆる酸欠となって疲れや立ちくらみが起こったり、血流が滞り冷え性や、肩こりや腰痛の原因になります。

妊娠前の食事のたんぱく質を摂る新着レシピ

私たちの身体のほとんどはたんぱく質でできています。身体に必要な酵素やホルモンもたんぱく質からできていますし、妊娠力アップに必要な鉄やビタミンなどの栄養素を、細胞に届け活性化させる大事な役割を担っています。

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)