ママネタ 体験談 産後の悩み

きれいをキープしたい!妊娠・出産・子育てを通して変化するおっぱい

 

妊娠中から産後にかけてどんどん変化してくる、女性の「おっぱい」。私自身も、妊娠、出産、そして産後の授乳にかけて、おっぱいがかなり変化していきました。そこで今回は、私が実践した、授乳を終えてもきれいな形のおっぱいをキープするための方法をお伝えします。

 

続きを読む

妊娠、出産、子育てを通して変化するおっぱい

個人差はありますが、妊娠中から産後にかけて、女性の「おっぱい」は大きく変化します。私の場合、産後のおっぱいの大きさは妊娠前の2倍になり、産後はブラトップや授乳用ブラジャーを着用していました。

 

保育園にわが子を預けるようになると、おっぱいの回数も減り、次第にミルク育児へとシフトしました。すると、見る見るうちにおっぱいはしぼんでしまったのです。ハリもなく、まるで「ナン」のように重力に負けて垂れていき、こんなに変化するのかと目を見張りました。

 

授乳を終えたら迅速に対応する!

とくに産後は、赤ちゃんにどうやったらおっぱいをじょうずに飲ませられるのか、じゅうぶんな量の母乳が出ているのかなど、授乳のことばかりに関心が向きがちなのではないでしょうか。

 

そうなると、おっぱいの形にはなかなか意識が及ばないうえに、授乳中のブラジャーはキツすぎないもの・ワイヤー入りでないものを着けるよう指導されます。そこで私は、授乳が終わると同時にワイヤー入りのホールド力のある下着に総取り替え。形が崩れる前におっぱいの形をキープする努力をしました。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。