きれいをキープしたい!妊娠・出産・子育てを通して変化するおっぱい

2017/09/13 10:00
0
妊娠中から産後にかけて、女性の「おっぱい」は大きく変化します。私自身のおっぱいもまるで「ナン」のように重力に負けて垂れていき、こんなに変化するのかと目を見張りました。授乳が終わると同時に、ワイヤー入りのホールド力のある下着に総取り替えし、早くに対策したおかげでさほど妊娠前と変わらずキープできています。自分の体にも意識を向けてきれいをキープすることが大切ですね。
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:
体験談
産後の悩み

 

妊娠中から産後にかけてどんどん変化してくる、女性の「おっぱい」。私自身も、妊娠、出産、そして産後の授乳にかけて、おっぱいがかなり変化していきました。そこで今回は、私が実践した、授乳を終えてもきれいな形のおっぱいをキープするための方法をお伝えします。

 

妊娠、出産、子育てを通して変化するおっぱい

個人差はありますが、妊娠中から産後にかけて、女性の「おっぱい」は大きく変化します。私の場合、産後のおっぱいの大きさは妊娠前の2倍になり、産後はブラトップや授乳用ブラジャーを着用していました。

 

保育園にわが子を預けるようになると、おっぱいの回数も減り、次第にミルク育児へとシフトしました。すると、見る見るうちにおっぱいはしぼんでしまったのです。ハリもなく、まるで「ナン」のように重力に負けて垂れていき、こんなに変化するのかと目を見張りました。

 

授乳を終えたら迅速に対応する!

とくに産後は、赤ちゃんにどうやったらおっぱいをじょうずに飲ませられるのか、じゅうぶんな量の母乳が出ているのかなど、授乳のことばかりに関心が向きがちなのではないでしょうか。

 

そうなると、おっぱいの形にはなかなか意識が及ばないうえに、授乳中のブラジャーはキツすぎないもの・ワイヤー入りでないものを着けるよう指導されます。そこで私は、授乳が終わると同時にワイヤー入りのホールド力のある下着に総取り替え。形が崩れる前におっぱいの形をキープする努力をしました。


後回しにして後悔しないように

ママはいつも子どものことが第一優先で、自分のことは後回しになりがちですよね。でも、授乳が終わってから油断していると、おっぱいの形を元に戻すのは大変です。私は早くに対策をしたおかげで、さほど妊娠前と変わらない形をキープできています。

 

いい下着は少し値も張りますが、自分のきれいにお金をかけることも、女性にとっては大切なことだと思います。ブラジャーのサイズを決めるときも、しっかりと採寸をしてもらい、正しいサイズの下着をつけましょう。

 

 

妊娠、出産、子育てを通して、女性の体は大きく変化します。産後のきれいをキープするためには、自分の体に意識を向けることとちょっとした努力が必要です。ぜひ自分にも関心を向けて、きれいなママでいてくださいね。(TEXT:ママライター今井さくら)

 

【関連記事】

うっ滞性乳腺炎とは?原因と対処法について【授乳中のトラブル】

感染性乳腺炎、急性化膿性乳腺炎とは?原因と対処法について【授乳中のトラブル】

母乳のメリット・デメリット-母乳育児をはじめる前に【母乳育児特集】

おっぱいのかたちと授乳姿勢-母乳育児をはじめる前に【母乳育児特集】

母乳が出る仕組みを知ろう!【母乳育児特集】

陥没乳首・扁平乳首(授乳に困難な乳首の形をしている)【授乳中のトラブル】

おっぱいの大きさが左右で異なる【授乳中のトラブル】

乳首が切れる【授乳中のトラブル】

おっぱいの痛み【授乳中のトラブル】

乳管のつまり・乳房のしこり【授乳中のトラブル】

周りからストレスを感じた【授乳中のトラブル】】

母乳が出すぎる【授乳中のトラブル】

初乳とは何?初乳の成分と色、特徴まとめ

 


この記事にコメントする

残り2,000文字

この記事にいいね!しよう

いいね!
0

現在ログインしていません。

ママネタの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。