みほははの記事

著者プロファイル

マンガ家・イラストレーター

みほはは

新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
2 クリップ

男の子ふたりの母。専業主婦だったが「お母さんでもきっとできることがある!」と一念発起し、フリーランスのイラストレーターとして独立。SNSでは子どもたちとの思い出や夫婦のことをテーマにマンガを公開している。

連載(3)
家事と育児はママの仕事ですか?
家事と育児はママの仕事ですか?
結婚して、子どもが生まれて……。なな子さんはこのまま幸せになれると思っていました。「母親だから、家事も育児もきちんとやらねば」という見えない圧力に押しつぶされそうになりながら、家事育児に奮闘するなな子さん。一方の夫は、「父親になったのだから、たくさん働いて稼がないといけない」そう思ってがむしゃらに働きます。この思いが、のちに夫婦のすれ違いをうんでしまうとは、2人は知らなかったのです――。
記事(48)
「優しさはないの?」育児中の楽しみに夫がとった衝撃的言動とは!? #夫が在宅勤務になりまして 2
「優しさはないの?」育児中の楽しみに夫がとった衝撃的言動とは!? #夫が在宅勤務になりまして 2
「夫が在宅勤務になりまして」第2話。在宅勤務になった夫との関係に悩んだみほははさんの体験談マンガです。みほははさんの夫は仕事一筋の真面目な人。朝早くから夜遅くまで働いていました。長男が生まれても生活は変わらず。一方、みほははさんは、家事育児に追われ、ご飯を食べる時間もままならない毎日……。「お腹すいたー」とみほははさんに食事の用意をさせる夫に違和感を覚え始めます。
「ずっと思ってたんだけど」夫に不満をぶつけると、夫から衝撃的な返答が… #夫が在宅勤務になりまして3
「ずっと思ってたんだけど」夫に不満をぶつけると、夫から衝撃的な返答が… #夫が在宅勤務になりまして3
「夫が在宅勤務になりまして」第3話。在宅勤務になった夫との関係に悩んだみほははさんの体験談マンガです。みほははさんの夫は仕事一筋の真面目な人。朝早くから夜遅くまで働いていました。長男が生まれても生活は変わらず。一方、みほははさんは、家事育児に追われ、ご飯を食べる時間もままならない毎日……。そんなストレスフルな日々を送る中、みほははさんの楽しみは甘いもの、お菓子を食べること。冷めないうちにパンを食べようと思ったみほははさんでしたが、夫が先に食べることに……。
「じゃあお願いねー」夫が思う子どもをお風呂に入れるという意外な解釈とは!?#夫が在宅勤務になりまして4
「じゃあお願いねー」夫が思う子どもをお風呂に入れるという意外な解釈とは!?#夫が在宅勤務になりまして4
「夫が在宅勤務になりまして」第4話。在宅勤務になった夫との関係に悩んだみほははさん体験談マンガです。みほははさんの夫は仕事一筋の真面目な人ですが、帰宅が遅く、育児はみほははさん任せ。引っ越したてで知り合いもいない町で、ひとり家事育児に奮闘するみほははさん。イライラを募らせて不満を夫にぶつけました。これがきっかけとなりお互いを理解しはじめたみほははさん夫婦。
「何やってんだ私は…」育児に追われ子どもに言ってしまった思いがけない言葉とは!? #夫が在宅勤務になりまして5
「何やってんだ私は…」育児に追われ子どもに言ってしまった思いがけない言葉とは!? #夫が在宅勤務になりまして5
「夫が在宅勤務になりまして」第5話。みほははさんの夫は仕事一筋の真面目な人ですが、育児はみほははさん任せ。仕事は帰りが遅く、夫はみほははさんと子どもが寝たあとに帰宅するため、みほははさんはワンオペ状態。ある日、休日も育児をしない夫にイライラが募り、不満をぶつけると、夫は理解してくれて休みの日は育児をするように。しかし、夫は1人で育児をしたことがないのでみほははさんの日々の大変さには気付いていません。
「夕飯の準備ありがとう」夕飯後にとった夫の無神経な行動にイライラ…。#夫が在宅勤務になりまして 6
「夕飯の準備ありがとう」夕飯後にとった夫の無神経な行動にイライラ…。#夫が在宅勤務になりまして 6
「夫が在宅勤務になりまして」第6話。みほははさんの夫は仕事一筋の真面目な人で、帰宅が遅く、育児はみほははさん任せ。ある日、ひとりで家事育児に奮闘してストレスが募ったみほははさんは夫に不満をぶつけます。お互いに理解を深め、夫は休日に育児をするようになりました。しかし、2人目が生まれると2人の育児はみほははさんにとって想像以上に大変なものでした。みほははさんは忙しさのあまり感情のコントロールができなくなってしまい、夫婦間には不穏な空気が流れ始めます……。
「はぁ…。もう寝ないと…」深夜、夫の夕飯後の食器を洗う妻。心と体はもう… #夫が在宅勤務になりまして 7
「はぁ…。もう寝ないと…」深夜、夫の夕飯後の食器を洗う妻。心と体はもう… #夫が在宅勤務になりまして 7
「夫が在宅勤務になりまして」第7話。みほははさんの夫は帰宅が遅く、育児はみほははさん任せ。ストレスが募ったみほははさんが夫に不満をぶつけると、夫は休日に育児をするようになりました。しかし、夫の「お手伝い」のようなスタンスに、みほははさんはモヤモヤ……。ある日、夫が夕飯を食べ終えた後、一度はきれいにしたシンクに新たな洗いものが……。
「今日だけ行っても良い?」体調不良の妻を置いて仕事に行く夫。その行動に妻は…? #夫が在宅勤務になりまして 8
「今日だけ行っても良い?」体調不良の妻を置いて仕事に行く夫。その行動に妻は…? #夫が在宅勤務になりまして 8
「夫が在宅勤務になりまして」第8話。みほははさんの夫は帰宅が遅く、育児はみほははさん任せ。ストレスが募ったみほははさんが夫に不満をぶつけると、夫は休日に育児をするようになりました。けれど、夫は「お手伝い」のスタンスのよう……。夫へのイライラ、2人の子どもたちの交互にやってくる体調不良、次男の原因不明の呼吸音など、気が休まる日はありませんでした。そして寝不足も重なり、とうとうみほははさんは体調を崩してしまいました。祖母に来てもらいなんとか育児をこなしますが、祖母に頻繁に頼むわけにはいきません。
「あれっ、なっ、何これ…」体調の悪い妻にふりかかるさらなる悲劇とは!? #夫が在宅勤務になりまして 9
「あれっ、なっ、何これ…」体調の悪い妻にふりかかるさらなる悲劇とは!? #夫が在宅勤務になりまして 9
「夫が在宅勤務になりまして」第9話。みほははさんの夫は帰宅が遅く、育児はみほははさん任せ。ストレスが募ったみほははさんが夫に不満をぶつけると、夫は休日に育児をするようになったものの「お手伝い」のスタンスにみほははさんはまたモヤモヤ……。毎日の家事、育児、夫へのイライラ、寝不足など、気が休まる日はありませんでした。やがて、みほははさんは体調を崩してしまいます。祖母に手伝ってもらいながら、なんとか育児をこなす日々。ある日、祖母ばかり頼るわけにもいかないので、夫を頼ろうと体調が悪いことを夫に伝えました。しかし夫は「なるべく早く帰る」と言って仕事へ行ってしまいます。夫にわかってもらえず悲しくなったみほははさんの目には涙が……。
「ガタガタッ」震えの止まらない妻に疑われた病名とは…? #夫が在宅勤務になりまして 10
「ガタガタッ」震えの止まらない妻に疑われた病名とは…? #夫が在宅勤務になりまして 10
「夫が在宅勤務になりまして」第10話。みほははさんの夫は帰宅が遅く、育児はみほははさん任せ。ストレスが募ったみほははさんが夫に不満をぶつけると、夫は休日に育児をするようになりました。この日は、夫に体調が悪いことを相談したけれど、夫は仕事に行ってしまいました。仕方なく、体調が悪い中、ひとりで育児に奮闘するみほははさん。体がだるく、こんな状態で1日をどのように乗り越えようかと考えれば考えるほど頭がぼや~んとしてきます。そして次第に体や手の震えが止まらなくなります。
「夫が育児を手伝ってくれて…」先生に言われて初めて知る育児のあり方とは…!? #夫が在宅勤務になりまして 11
「夫が育児を手伝ってくれて…」先生に言われて初めて知る育児のあり方とは…!? #夫が在宅勤務になりまして 11
「夫が在宅勤務になりまして」第11話。みほははさんの夫は帰宅が遅く、育児はみほははさん任せ。ストレスが募ったみほははさんが夫に不満をぶつけると、夫は休日に育児をするようになったもののお手伝いのスタンスにモヤモヤ……。この日は平日。夫が仕事でいないので体を休ませることのできないみほははさん。体調が悪い中1人で育児をしていると体がだるくなり、次第に体や手の震えが止まらなくなります。たまたま心配して家に来てくれたお母さんに病院に連れて来てもらうと、病院で「腎盂炎(じんうえん)」を疑われてそのまま検査入院することに。そしてお母さんから、みほははさんの夫に連絡したら夫がすぐ来ると言ってことを聞かされました。
病室に駆け込む夫。仕事を優先した夫が、入院した妻に語った本心が衝撃的で…!? #夫が在宅勤務になりまして 12
病室に駆け込む夫。仕事を優先した夫が、入院した妻に語った本心が衝撃的で…!? #夫が在宅勤務になりまして 12
「夫が在宅勤務になりまして」第12話。みほははさんの夫は帰宅が遅く、育児はみほははさん任せ。みほははさんが夫に不満をぶつけると、夫は休日に育児をするようになったもののお手伝いのスタンスにモヤモヤ……。ある日、体調を崩したみほははさんは病院で検査入院することに。すると今回の体調不良の原因は「日々の疲労」だと医師に言われます。さらに医師に「育児は夫に手伝ってもらうのではない。2人で一緒にやっていくものだと」と言われ、みほははさんは衝撃を受けました。
「ご飯あるもので全然良いしっ」考えなしに言う夫に、妻のイライラが大爆発!? #夫が在宅勤務になりまして13
「ご飯あるもので全然良いしっ」考えなしに言う夫に、妻のイライラが大爆発!? #夫が在宅勤務になりまして13
「夫が在宅勤務になりまして」第13話。みほははさんの夫は帰宅が遅く、育児はみほははさん任せ。みほははさんが夫に不満をぶつけると、夫は休日に育児をするようになったもののお手伝いのスタンスにモヤモヤ……。ある日、体調を崩して急遽、入院となったみほははさん。「私が入院してる今、夫はどう思っているのだろう……。」と思っていると、夫が息を切らして病室へ駆け込んで来ました。「たくさん稼ぐことが家族のためだと思って働いていた」と謝る夫。みほははさんは夫は夫で必死だったことに気が付きました。
 「まぁいっか!」声に出すことで心がほっとする魔法の言葉 #夫が在宅勤務になりまして14
「まぁいっか!」声に出すことで心がほっとする魔法の言葉 #夫が在宅勤務になりまして14
「夫が在宅勤務になりまして」第14話。みほははさんの夫は帰宅が遅く、育児はみほははさん任せ。みほははさんが夫に不満をぶつけると、夫は休日に育児をするようになったもののお手伝いのスタンスにモヤモヤ……。ある日、体調を崩して急遽、入院することになってしまいます。そして退院後、早々に夫と話し合いを始めたみほははさん。話合いの中で、揉めつつも、夫だけでなく自分自身の行動を見直すことも大事だと感じたのでした。みほははさんは、時短を目的に家事の見直しから始めました。偏食の長男に、帰宅が遅くなっても必ず家でご飯を食べる夫、それに加えて生まれたばかりの次男のお世話。料理を作る時間を確保するのも大変でした。
 「えっ!? わかりました…」会社から夫に1本の衝撃的な電話が…! #夫が在宅勤務になりまして15
「えっ!? わかりました…」会社から夫に1本の衝撃的な電話が…! #夫が在宅勤務になりまして15
「夫が在宅勤務になりまして」第15話。みほははさんの夫は帰宅が遅く、育児はみほははさん任せ。みほははさんが夫に不満をぶつけると、夫は休日に育児をするようになったもののお手伝いのスタンスにモヤモヤ……。夫との話し合いの結果、自分自身も変わっていかなければならないと感じたみほははさん。時短を目的に家事の見直しから始めました。無理せず確保できた時間で、作れる料理を作り、ご飯を作りたくない! と思ったときは、散歩がてら子どもとスーパーに行き、お惣菜を買って負担を減らしていきます。このように、自分にストレスがかからない家事の方法を模索していくみほははさん。自分なりに家事を見直すことで、心身ともにほんの少しだけ余裕が出てきたのでした。
 「え? このままずっと?」激務でほとんど家にいなかった夫がこの日を境に…? #夫が在宅勤務になりまして16
「え? このままずっと?」激務でほとんど家にいなかった夫がこの日を境に…? #夫が在宅勤務になりまして16
「夫が在宅勤務になりまして」第16話。みほははさんの夫は帰宅が遅く、育児はみほははさん任せ。みほははさんが夫に不満をぶつけると、夫は休日に育児をするようになったものの、お手伝いのスタンス。やがてみほははさんは日々の疲労が重なり体調を崩してしまい、入院します。しかし、このことがきっかけとなり、仕事人間だった夫が、残業を調整して早く帰宅してくれるように。子どもの寝かしつけを2人でするとこんなに楽なんだと気付いたみほははさん。みほははさんは、支援センターや実母など頼れるところは頼るようになりました。やがて3年が経過。世の中では新型コロナウイルスが流行し、緊急事態宣言が発令されました。すると夫が在宅勤務に!
「ママみてー」絶え間ない子どもたちのママコール。見ているだけの夫に私は… #夫が在宅勤務になりまして17
「ママみてー」絶え間ない子どもたちのママコール。見ているだけの夫に私は… #夫が在宅勤務になりまして17
「夫が在宅勤務になりまして」第17話。みほははさんの夫は帰宅が遅く、育児はみほははさん任せ。みほははさんが夫に不満をぶつけると、夫は休日に育児をするようになったものの、お手伝いのスタンス。やがてみほははさんは日々の疲労が重なり体調を崩してしまい、入院します。このことがきっかけとなり、仕事人間だった夫が、残業を調整して早く帰宅してくれるように。さらに、緊急事態宣言の発令後、夫が在宅勤務になります。そして、子どもたちの春休み延長が決定し、家に家族全員が集まることに。みほははさんはリビングで仕事をする夫が集中できているのか心配になりましたが、夫は「良い機会だから、今まで見られなかった子どもたちを見ながら仕事がしたい」と言います。
 「私は辛い…」気持ちをぶつける妻。夫は椅子から立ち上がるとまさかの行動に…! #夫が在宅勤務になりまして18
「私は辛い…」気持ちをぶつける妻。夫は椅子から立ち上がるとまさかの行動に…! #夫が在宅勤務になりまして18
「夫が在宅勤務になりまして」第18話。みほははさんの夫は帰宅が遅く、育児はみほははさん任せ。みほははさんが夫に不満をぶつけると、夫は休日に育児をするようになったものの、お手伝いのスタンス……。やがてみほははさんは日々の疲労が重なり体調を崩してしまい、入院します。しかし、これがきっかけで、仕事人間だった夫が、残業を調整して早く帰宅してくれるように。その後、新型コロナウイルス対策として緊急事態宣言が発令されると、夫は在宅勤務に、子どもたちの春休みは延長になりました。1日中子どもたちのお世話に追われ、疲弊するみほははさん。夫が家にいることでかえって気も休まりません。また、家にいる夫に頼れないことが苦しくなり、「外で働いてくれた方が良かった」と思ってしまうのでした。
夫に思いをぶつけた妻。しかし、そのときの夫の悲しそうな顔が頭から離れなくて… #夫が在宅勤務になりまして19
夫に思いをぶつけた妻。しかし、そのときの夫の悲しそうな顔が頭から離れなくて… #夫が在宅勤務になりまして19
「夫が在宅勤務になりまして」第19話。みほははさんの夫は帰宅が遅く、育児はみほははさん任せ。みほははさんが夫に不満をぶつけると、夫は休日に育児をするようになったものの、お手伝いのスタンス……。やがてみほははさんは日々の疲労が重なり体調を崩してしまい、入院します。しかし、これがきっかけで、仕事人間だった夫が、残業を調整して早く帰宅してくれるように。その後、新型コロナウイルス対策として緊急事態宣言が発令されると、夫は在宅勤務に、子どもたちの春休みは延長になりました。子どもたちの様子を見たいという夫はリビングで仕事をしますが、見ているだけで何もしてくれません。イライラが募ったみほははさんは、夫に思いのすべてをぶつけます。すると、夫は「ちょっと自分なりに考えてみる」と言って2階に上がっていってしまったのです。
 「何がそんなに大変なの?」育児に対してそう思っていた夫だったけれど…? #夫が在宅勤務になりまして20
「何がそんなに大変なの?」育児に対してそう思っていた夫だったけれど…? #夫が在宅勤務になりまして20
「夫が在宅勤務になりまして」第20話。みほははさんの夫は帰宅が遅く、育児はみほははさん任せ。みほははさんが夫に不満をぶつけると、夫は休日に育児をするようになったものの、お手伝いのスタンス……。やがてみほははさんは日々の疲労が重なり体調を崩してしまい、入院します。しかし、これがきっかけで、仕事人間だった夫が、残業を調整して早く帰宅してくれるように。その後、新型コロナウイルス対策として緊急事態宣言が発令されると、夫は在宅勤務に、子どもたちの春休みは延長になりました。この日、子どもたちの様子を見ているだけの夫にイライラが募ったみほははさんは、夫に思いのすべてをぶつけます。みほははさんは夫に思っている気持ちを言えて良かったという気持ちと、言ってしまったというモヤモヤの気持ちでなかなか寝付くことができませんでした。朝方になり「ガタッ」という音でみほははさんは目が覚めました。
PICKUP

同月齢の赤ちゃん
ってどんな感じ?

みんなの成長アル
バムで早速見る▶