赤ちゃんとお風呂

21

監修者

医師 三石 知左子 先生

小児科 | 葛飾赤十字産院院長


東京女子医科大学小児科入局後、東京女子医科大学母子総合医療センター小児保健部門講師などを経て、現在、葛飾赤十字産院院長、東京女子医科大学非常勤講師。

 

■主な経歴

1982年3月 札幌医科大学医学部卒業
1982年5月 東京女子医科大学小児科学教室入局
1987年4月 東京女子医科大学母子総合医療センター小児保健部門配転
1993年1月 医学博士取得
1994年5月 東京女子医科大学母子総合医療センター小児保健部門講師
1999年3月 東京女子医科大学退職
1999年4月 葛飾赤十字産院副院長、東京女子医科大学非常勤講師
2006年4月 葛飾赤十字産院院長

 

■専門領域

小児保健、ハイリスク児のフォローアップ
健診等を通じて乳幼児の発育発達、育児相談を中心に診療し、
育児雑誌やインターネットでの育児相談を担当している。

 

■所属学会・委員等

日本小児科学会専門医
日本小児皮膚科学会運営委員
日本タッチケア協会幹事
東京都小児保健協会幹事
こどもの心相談医
日本医師会認定産業医
NPOブックスタート理事

 

 

■HP 葛飾赤十字産院

■ブログ 院長ブログ

 

お風呂は毎日入れてあげましょう

 

赤ちゃんは新陳代謝が活発で汗っかきです。おしっこやうんちでお尻も汚れますから、1日1回はお風呂に入れて体をきれいにしてあげましょう。夏場で汗を大量にかいたり、かぶれやすい赤ちゃんの場合なら1日に2〜3回、シャワーや行水でもOKです。ただし、石けん洗いは1日1回で十分です。
生後1ヶ月までの間は、大人と一緒のお風呂は病気の感染や安全面から避け、赤ちゃん専用のベビーバスを利用しましょう。お風呂タイムは赤ちゃんにとっても体力を消耗する時間なので、38〜40℃くらいのぬるめのお湯で、所要時間は10分以内ですませるようにしましょう。冬場は湯冷めをしないよう、部屋を暖めておくことも大切です。
体温が37.5℃以上あるときや機嫌の悪いときは、体調が悪いのかもしれません。お風呂はやめにして、温かいおしぼりやガーゼで全身をよく拭いてあげましょう。赤ちゃんの体調の変化がつかめるよう、入浴前に体温を測る習慣をつけるといいですね。

 

 

石けんをよく泡立てて、手かガーゼで洗うのが基本

石けんは手でよく泡立てて、泡で赤ちゃんの肌をなでるようにして洗うのが基本です。ごしごしこすったり、石けんを直接肌に塗りつけないようにしましょう。肌トラブルの原因になります。
赤ちゃん用の石けんには、固形、液状のほか、泡が出てくる便利なタイプもあります。しかし無香料で刺激の少ないものであれば、特に赤ちゃん用の石けんにこだわる必要はありません。

 

監修/三石 知左子先生

 

2015/07/15


この記事にいいね!しよう

いいね!
21

現在ログインしていません。

コメント

  • この記事にコメントする

    残り文字

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。