外出時に気をつけたいこと(冬)

16

監修者

医師 三石 知左子 先生

小児科 | 葛飾赤十字産院院長


東京女子医科大学小児科入局後、東京女子医科大学母子総合医療センター小児保健部門講師などを経て、現在、葛飾赤十字産院院長、東京女子医科大学非常勤講師。

 

■主な経歴

1982年3月 札幌医科大学医学部卒業
1982年5月 東京女子医科大学小児科学教室入局
1987年4月 東京女子医科大学母子総合医療センター小児保健部門配転
1993年1月 医学博士取得
1994年5月 東京女子医科大学母子総合医療センター小児保健部門講師
1999年3月 東京女子医科大学退職
1999年4月 葛飾赤十字産院副院長、東京女子医科大学非常勤講師
2006年4月 葛飾赤十字産院院長

 

■専門領域

小児保健、ハイリスク児のフォローアップ
健診等を通じて乳幼児の発育発達、育児相談を中心に診療し、
育児雑誌やインターネットでの育児相談を担当している。

 

■所属学会・委員等

日本小児科学会専門医
日本小児科学会男女共同参画推進委員会委員長
日本小児皮膚科学会運営委員
日本タッチケア協会幹事
東京都小児保健協会幹事
こどもの心相談医
日本医師会認定産業医
NPOブックスタート理事

 

 

■HP 葛飾赤十字産院

■ブログ 院長ブログ

 

天気のいい日は積極的に外出を

寒くなると外出するのがおっくうになりますが、外の寒さを肌で感じ、体温調節ができるようになることも赤ちゃんにとってはとても大切。天気がいい日には、積極的に外出するようにしましょう。ねんねの時期ならベランダに出て外気に触れるだけでもOKです。
室内でははだしでもかまいませんが、外出するときには必ず靴下をはかせましょう。またフードつきのパーカーや帽子で冷たい風をさえぎる工夫をしましょう。赤ちゃんを抱っこして上からママコートを羽織るスタイルは、赤ちゃんもお母さんも暖かいのでおすすめです。寒くても意外に赤ちゃんは汗をかいているものですから、帰ったら必ず着替えさせましょう。

 

 

外出しないと風邪をひきやすくなるの?

生後1ヶ月を過ぎると、赤ちゃんには自分で体温を調節する力が育ってきます。外出して冷たい空気に触れると自律神経の働きがいっそう活発になり、粘膜も鍛えられるため、病気への抵抗力が強くなります。
「寒いと風邪をひくのでは・・・」と心配しがちですが、寒さに慣れていないと寒さに対する抵抗力が身につかず、ウイルスを簡単に侵入させてしまうことになります。丈夫な子どもに育てるために、冬の寒さを上手に利用したいですね。

 

監修/三石 知左子先生

 

 

 

 

2015/07/16


この記事にいいね!しよう

いいね!
16

現在ログインしていません。

コメント

  • この記事にコメントする

    残り文字

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。