便秘をしたときのケア

30

監修者

医師 三石 知左子 先生

小児科 | 葛飾赤十字産院院長


東京女子医科大学小児科入局後、東京女子医科大学母子総合医療センター小児保健部門講師などを経て、現在、葛飾赤十字産院院長、東京女子医科大学非常勤講師。

 

■主な経歴

1982年3月 札幌医科大学医学部卒業
1982年5月 東京女子医科大学小児科学教室入局
1987年4月 東京女子医科大学母子総合医療センター小児保健部門配転
1993年1月 医学博士取得
1994年5月 東京女子医科大学母子総合医療センター小児保健部門講師
1999年3月 東京女子医科大学退職
1999年4月 葛飾赤十字産院副院長、東京女子医科大学非常勤講師
2006年4月 葛飾赤十字産院院長

 

■専門領域

小児保健、ハイリスク児のフォローアップ
健診等を通じて乳幼児の発育発達、育児相談を中心に診療し、
育児雑誌やインターネットでの育児相談を担当している。

 

■所属学会・委員等

日本小児科学会専門医
日本小児皮膚科学会運営委員
日本タッチケア協会幹事
東京都小児保健協会幹事
こどもの心相談医
日本医師会認定産業医
NPOブックスタート理事

 

 

■HP 葛飾赤十字産院

■ブログ 院長ブログ

 

新生児の頃は1日に5回も6回もうんちをしていた赤ちゃんも、次第に回数が減ってきます。ときには3~4日ぶりにやっと出るということもあります。食欲もあり元気なら特に心配はいりませんが、家で次のようなケアをしてあげるといいでしょう。

 

 

(1)おなかのマッサージ

お風呂上がりに、おへその周辺を「の」の字を書くようにマッサージします。足を持って屈伸運動するのも効果があります。

 

 

(2)水分を補給

水分が不足気味ではありませんか?白湯や麦茶、果汁(プルーンは特におすすめ)などをあげてみましょう。

 

 

(3)食物繊維の多い食べ物を

離乳食を始めた赤ちゃんなら、ヨーグルトや食物繊維を多く含んだ野菜などのメニューを工夫してあげましょう。

 

 

(4)綿棒で刺激する

綿棒にベビーオイルをつけて、肛門のあたりを刺激してあげるとうんちが出やすくなります。

 

 

(5)たっぷり遊ぶ

体をよく動かして遊ぶと、排便のリズムも整ってきます。 ただし、赤ちゃんのおなかがはって腹痛があったり、元気がないときには医師の診察を受けましょう。

 

 

食べたものがうんちにそのまま出てきたとき

野菜や果物など、食べたものの一部がそのままうんちに出てくることがあります。おなかの調子が悪いのかと心配になるかもしれませんが大丈夫です。1歳くらいまでは消化吸収力が弱いので、繊維の多い野菜などが消化しきれずに排出されることがよくあります。その食材を今後メニューから外す必要もありません。

 

監修/三石 知左子先生

 

2015/07/16


この記事にいいね!しよう

いいね!
30

現在ログインしていません。

コメント

  • この記事にコメントする

    残り文字

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。