赤ちゃんのうんちは健康のバロメーター

29

監修者

医師 三石 知左子 先生

小児科 | 葛飾赤十字産院院長


東京女子医科大学小児科入局後、東京女子医科大学母子総合医療センター小児保健部門講師などを経て、現在、葛飾赤十字産院院長、東京女子医科大学非常勤講師。

 

■主な経歴

1982年3月 札幌医科大学医学部卒業
1982年5月 東京女子医科大学小児科学教室入局
1987年4月 東京女子医科大学母子総合医療センター小児保健部門配転
1993年1月 医学博士取得
1994年5月 東京女子医科大学母子総合医療センター小児保健部門講師
1999年3月 東京女子医科大学退職
1999年4月 葛飾赤十字産院副院長、東京女子医科大学非常勤講師
2006年4月 葛飾赤十字産院院長

 

■専門領域

小児保健、ハイリスク児のフォローアップ
健診等を通じて乳幼児の発育発達、育児相談を中心に診療し、
育児雑誌やインターネットでの育児相談を担当している。

 

■所属学会・委員等

日本小児科学会専門医
日本小児皮膚科学会運営委員
日本タッチケア協会幹事
東京都小児保健協会幹事
こどもの心相談医
日本医師会認定産業医
NPOブックスタート理事

 

 

■HP 葛飾赤十字産院

■ブログ 院長ブログ

 

赤ちゃんは肛門の括約筋が未発達なので、大人のようにうんちをためておくことができません。このため1日に何回もうんちをします。生後1〜2ヶ月は授乳のたびにうんちをすることも珍しくありません。

うんちの色は黄色っぽかったり緑がかっていたり、赤ちゃんによって、また同じ赤ちゃんでも体調によって少しずつ異なります。極端に黒かったり、赤かったり、白っぽかったりということがなければまず心配ありません。

硬さもさまざまで、一般に母乳の赤ちゃんはゆるめ、ミルクの赤ちゃんは硬めといわれていますが、個人差が大きいものです。

赤ちゃんのうんちはもともと水っぽくゆるゆるしているので、下痢かどうかは普段のうんちの状態と比べて判断しましょう。

食欲があり、赤ちゃんが元気にしているなら問題ないでしょう。

うんちは赤ちゃんの健康をチェックする大切な手がかりになります。いつもと明らかに違う色やにおいのうんちが出たときには、うんちのついたおむつごと持参して小児科医の診察を受けましょう。

 

 

こんなうんちなら心配ありません

うんちに血がついていた

生後1〜2ヶ月の赤ちゃんは、腸のはたらきが弱いため、うんちに細かい血が混じることがあります。また、うんちが硬いと肛門が切れて表面に血がつくこともありますが、どちらも自然に治ります。血の量が少なく、赤ちゃんが元気なら心配ありません。

 

 

うんちに白いツブツブが混ざっていた

白いツブツブは、消化吸収できなかった脂肪やカルシウム分です。月齢が高くなるにつれ、消化吸収力が高まりなくなっていくので心配ありません(ただし、黄疸や発熱がある場合には医師の診察を受けましょう)。

 

監修/三石 知左子先生

 

2015/07/16


この記事にいいね!しよう

いいね!
29

現在ログインしていません。

コメント

  • この記事にコメントする

    残り文字

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。