夜泣き対策に効果的な方法

60

夜泣きとは、生活のリズムが安定してくる生後6ヶ月以上経ってから、夜中に何度も起きて泣く状態のことです。この頃になると情緒が発達してきて、「怖い」「不安」「さびしい」といった感情が出てきたり、日中の刺激が強く残って神経が興奮しやすくなるためと考えられています。 夜泣きの万能薬はありませんが、一般的な対策としては、


1.昼間は外遊びをさせる
2.からだを動かす遊びで適度に疲れさせる
3.早寝早起きを習慣づける

といったところです。 眠る前に遊んだりせず、夜は眠るための環境を整えてあげることも大切です。夜泣きが始まってしまったら、だっこやおんぶをする、授乳する、添い寝をする、頭をなでる、子守唄を歌う、などいろいろ工夫して、その赤ちゃんに合った寝かしつけの方法を見つけてください(意外と、おなかが空いていただけとか、オムツが濡れていただけといった場合もあるのでよく観察しましょう)。 いずれにしても夜泣きは一時的なもの、あまり気にしすぎないようにしましょう。

 

 

 

 

ねんねの「お気に入り」を活用する

この頃になると、赤ちゃんにはこれがあると安心して眠れるという「お気に入り」ができてきます。おしゃぶりしながらとか、タオル、ガーゼ、ぬいぐるみをさわりながら寝る癖があるなら、夜泣きのときにもぜひ活用しましょう。「お気に入り」をしゃぶらせたり、さわらせたりしながら、赤ちゃんの背中やお尻をリズミカルにたたいてあげると効果があります。

 

監修/三石 知左子先生

 

 

 

2015/07/16


この記事にいいね!しよう

いいね!
60

現在ログインしていません。

コメント

  • この記事にコメントする

    残り文字

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。