室内の環境や寝具について(冬)

110

冬場の室内温度は20℃前後が適温とされています。大人にはちょっと寒いと感じられる室温かもしれませんが、赤ちゃんは寒いと感じると手足を動かして体温を調節します。手足を十分に動かして自律神経の働きを伸ばすためにも、温めすぎには注意しましょう。
また、冬はもともと乾燥しているところに暖房を効かせるため、空気がカラカラになっています。乾燥は赤ちゃんの肌トラブルや風邪の原因になりますから、2〜3時間に1回は室内に外の空気を入れましょう(石油ストーブの場合は1時間に1回を目安に)。洗濯物を室内に干して、湿気をプラスするのも効果的です。
寝具は大人と同じと考えればOK。寝冷えよりは布団のかけすぎに注意しましょう。赤ちゃんが布団から出てしまうようなら暑過ぎる証拠です。掛け布団を少し減らしてあげましょう。

 

 

寒いときにはあんかや電気毛布を使ってもいいの?

室温が15℃くらいあれば特にあんかなどを使う必要はありませんが、かなり冷え込むときや、赤ちゃんが新生児の場合ならあんかや湯たんぽを使ってもいいでしょう。使うときはやけどをしないようタオルなどでくるみ、必ず足先から20〜30cm離れたところに置くようにしましょう。
ただし、どんなに寒くても赤ちゃんに電気毛布を使うのは厳禁です。体温が上がりすぎて脱水症状を起こすおそれがあります。

 

監修/三石 知左子先生

 

監修者

医師 三石 知左子 先生

小児科 | 葛飾赤十字産院院長


東京女子医科大学小児科入局後、東京女子医科大学母子総合医療センター小児保健部門講師などを経て、現在、葛飾赤十字産院院長、東京女子医科大学非常勤講師。


経歴

1982年3月 札幌医科大学医学部卒業
1982年5月 東京女子医科大学小児科学教室入局
1987年4月 東京女子医科大学母子総合医療センター小児保健部門配転
1993年1月 医学博士取得
1994年5月 東京女子医科大学母子総合医療センター小児保健部門講師
1999年3月 東京女子医科大学退職
1999年4月 葛飾赤十字産院副院長、東京女子医科大学非常勤講師
2006年4月 葛飾赤十字産院院長


2015/07/16


この記事にいいね!しよう

いいね!
110

現在ログインしていません。

コメント

  • この記事にコメントする

    残り文字

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。