こんな症状があったらお医者さんへ(下痢)

17

監修者

医師 三石 知左子 先生

小児科 | 葛飾赤十字産院院長


東京女子医科大学小児科入局後、東京女子医科大学母子総合医療センター小児保健部門講師などを経て、現在、葛飾赤十字産院院長、東京女子医科大学非常勤講師。

 

■主な経歴

1982年3月 札幌医科大学医学部卒業
1982年5月 東京女子医科大学小児科学教室入局
1987年4月 東京女子医科大学母子総合医療センター小児保健部門配転
1993年1月 医学博士取得
1994年5月 東京女子医科大学母子総合医療センター小児保健部門講師
1999年3月 東京女子医科大学退職
1999年4月 葛飾赤十字産院副院長、東京女子医科大学非常勤講師
2006年4月 葛飾赤十字産院院長

 

■専門領域

小児保健、ハイリスク児のフォローアップ
健診等を通じて乳幼児の発育発達、育児相談を中心に診療し、
育児雑誌やインターネットでの育児相談を担当している。

 

■所属学会・委員等

日本小児科学会専門医
日本小児皮膚科学会運営委員
日本タッチケア協会幹事
東京都小児保健協会幹事
こどもの心相談医
日本医師会認定産業医
NPOブックスタート理事

 

 

■HP 葛飾赤十字産院

■ブログ 院長ブログ

 

カゼをひいて起こした下痢は、熱やせきなどの他の症状が治るとともにおさまってきます。また、寝冷えや冷たいものを与えたために起こった下痢も1~2日のうちにはおさまります。機嫌がよく食欲もあるようだったらあまり心配はいりません。水分を補給しながら様子をみましょう。しかし、3日以上たってもおさまらない/水のような下痢を1日何度もする/うんちに血が混じる/嘔吐をともなう/ぐったりしている/といった症状が見られるときは、食中毒や重い腸炎の可能性があります。すぐに病院(小児科)で診察を受けてください。

 

 

乳糖不耐症(牛乳やミルクで起こる下痢症)

牛乳や粉ミルクなど乳糖を含む食べ物を口にすると、下痢をしたり吐いたりする赤ちゃんがいます。これは「乳糖不耐症」といい、乳糖を分解するラクターゼという酵素がなかったり不足しているためにおこす下痢です。まれに先天性の場合もありますが、ほとんどは、カゼによる胃腸炎などで下痢が長引き、腸の粘膜が傷ついて起きるものです。長く続くと体が衰弱してしまう危険性があります。熱やせきなど、かぜの他の症状が治ったのに下痢だけが続いているというような場合は乳糖不耐症の可能性がありますから、医師に相談してみましょう。乳糖の入っていないミルクや育児用大豆乳に替えるだけで治る場合もあります。

 

監修/三石 知左子先生

 

2015/07/16


この記事にいいね!しよう

いいね!
17

現在ログインしていません。

コメント

  • この記事にコメントする

    残り文字

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。