こんな症状があったらお医者さんへ(せき)

せきは呼吸器系の病気を見分ける大切な手掛かりとなります。病気によってせきの様子はいろいろ変わりますので、せきや呼吸のしかたをチェックすることが大切です。
コホンコホンと軽いせきと、くしゃみ、鼻水、38℃以下の軽い発熱があるときは、カゼのせきです。多くの場合自然によくなるので特別な治療をする必要はありません。1日くらい様子を見てもだいじょうぶです。

 
痰のからんだような湿ったせきや、かん高く激しいせきがあり、ゼイゼイ、ヒューヒューと苦しそうな息をしているとき、高熱や嘔吐をともなうときは要注意です。すぐに医師の診察を受けてください。その際、「どんなときにどんなせきがでるか」「せきのほかにどんな症状があるか」といった特徴をよく観察し、医師に伝えるようにしましょう。病気を見分ける手掛かりになります。

 

 

鼻水や鼻づまりがひどいときには

カゼをひくと、せきのほかにも鼻水や鼻づまりの症状が出てきます。鼻づまりがひどくなると母乳やミルクが飲みにくくなったり、呼吸が苦しくなったりします。 鼻づまりは鼻の中を綿棒で軽く刺激してくしゃみを出させたり、温かいおしぼりを鼻にあてると通りがよくなります。鼻水はぬらしたガーゼでやさしくふきとってあげましょう。市販の鼻吸い器を使ってもいいでしょう。ひどくなって呼吸が苦しそうなときには、医師に相談すると点鼻薬や飲み薬を処方してくれます。

 

監修/三石 知左子先生

 

 

 

2015/07/16


コメント

  • この記事にコメントする

    残り文字

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。