ひきつけを起こしたときの手当てのポイント

この記事の監修者

医師三石 知左子 先生
小児科 | 葛飾赤十字産院院長

東京女子医科大学小児科入局後、東京女子医科大学母子総合医療センター小児保健部門講師などを経て、現在、葛飾赤十字産院院長、東京女子医科大学非常勤講師。

 

(1)衣類をゆるめる

ひきつけを起こしたら、静かに寝かせて体を締めつけないよう衣類をゆるめましょう。体を揺すったり、大声で名前を呼んだりしてはいけません。

 

(2)気道を確保する

息をしやすいように首の後ろにタオルなどを入れて、あごを上向かせます。さらに、吐いたものが気管に詰まらないよう顔を横向きにします。

 

(3)熱を測る

熱があれば熱性けいれんである可能性が高くなります。熱がないのにひきつけを起こしているときは、急いで受診しましょう。

 

(4)ひきつけの様子を見る

ひきつけがどのくらい続いているか、体の左右どちらかにかたよっていないかなどをチェックします。10分以上続いたり、ひきつけ方が気になるときには急いで受診しましょう。

 

口の中にものを入れたりしない

ひきつけの最中に舌をかんでしまうことはまずありませんから、赤ちゃんの口の中にタオルや割り箸を入れたりしないように注意してください。窒息やケガの原因になります。

 

監修/三石 知左子先生

 

専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

育児中に見ておきたい動画
もっと見る
あわせて読みたい記事
もっと見る