ひきつけを起こした時の手当てのポイント

 

(1)衣類をゆるめる

ひきつけを起こしたら、静かに寝かせて体を締めつけないよう衣類をゆるめましょう。体を揺すったり、大声で名前を呼んだりしてはいけません。

 

(2)気道を確保する

息をしやすいように首の後ろにタオルなどを入れて、あごを上向かせます。さらに、吐いたものが気管に詰まらないよう顔を横向きにします。

 

(3)熱を測る

熱があれば熱性けいれんである可能性が高くなります。熱がないのにひきつけを起こしているときは、急いで受診しましょう。

 

(4)ひきつけの様子を見る

ひきつけがどのくらい続いているか、体の左右どちらかにかたよっていないかなどをチェックします。10分以上続いたり、ひきつけ方が気になるときには急いで受診しましょう。

 

口の中にものを入れたりしない

ひきつけの最中に舌をかんでしまうことはまずありませんから、赤ちゃんの口の中にタオルや割り箸を入れたりしないように注意してください。窒息やケガの原因になります。

 

監修/三石 知左子先生

 

2015/07/16


コメント

  • この記事にコメントする

    残り文字

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。