こんな症状があったらお医者さんへ(ひきつけ)

7

監修者

医師 三石 知左子 先生

小児科 | 葛飾赤十字産院院長


東京女子医科大学小児科入局後、東京女子医科大学母子総合医療センター小児保健部門講師などを経て、現在、葛飾赤十字産院院長、東京女子医科大学非常勤講師。

 

■主な経歴

1982年3月 札幌医科大学医学部卒業
1982年5月 東京女子医科大学小児科学教室入局
1987年4月 東京女子医科大学母子総合医療センター小児保健部門配転
1993年1月 医学博士取得
1994年5月 東京女子医科大学母子総合医療センター小児保健部門講師
1999年3月 東京女子医科大学退職
1999年4月 葛飾赤十字産院副院長、東京女子医科大学非常勤講師
2006年4月 葛飾赤十字産院院長

 

■専門領域

小児保健、ハイリスク児のフォローアップ
健診等を通じて乳幼児の発育発達、育児相談を中心に診療し、
育児雑誌やインターネットでの育児相談を担当している。

 

■所属学会・委員等

日本小児科学会専門医
日本小児科学会男女共同参画推進委員会委員長
日本小児皮膚科学会運営委員
日本タッチケア協会幹事
東京都小児保健協会幹事
こどもの心相談医
日本医師会認定産業医
NPOブックスタート理事

 

 

■HP 葛飾赤十字産院

■ブログ 院長ブログ

 

 

赤ちゃんが起こすひきつけのほとんどは「熱性けいれん」であり、高熱が急に出たときに起こりやすくなります。赤ちゃんは脳が未発達なため、熱が刺激となって脳に異常が起こり、ひきつけを引き起こすのではないかと考えられています。 ひきつけを起こすと、手足を突っ張らせ呼吸が一時的に止まったようになったり、手足やあごががガクガクと震えたり、意識を失うなどの症状が現れます。熱性けいれんの場合こうした症状は2~3分でおさまり、生命に関わることもまずありませんから落ち着いて対処しましょう。 しかし、


・熱がないのにひきつけを起こす
・短時間に何度もひきつけを繰り返す
・10分以上ひきつけが続く
・ひきつけ方がからだの左右で異なる
・ひきつけが治まってからも意識がはっきりしない

 

といった症状がみられるときには、その他の病気が考えられます。すぐに病院(小児科)で診察を受けてください。

 

 

熱性けいれんは遺伝的な要素もある

熱性けいれんは、一度しか起こさない赤ちゃんもいれば発熱のたびに繰り返す赤ちゃんもいますが、ほとんどが一過性のものです。大きくなるにつれて自然におさまり、後遺症の心配もありません。ただし、熱性けいれんかどうかを確認する必要があるので、初めてけいれんを起こしたときには必ず医療機関で受診しましょう。パパやママが子どものころに熱性けいれんを起こした経験があると、その赤ちゃんも熱性けいれんを起こしやすいという傾向があるので、遺伝的な要素も関係すると考えられています。

 

監修/三石 知左子先生

 

2015/07/16


この記事にいいね!しよう

いいね!
7

現在ログインしていません。

コメント

  • この記事にコメントする

    残り文字

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。