吐いたものがのどに詰まったときの応急処置

25

監修者

医師 三石 知左子 先生

小児科 | 葛飾赤十字産院院長


東京女子医科大学小児科入局後、東京女子医科大学母子総合医療センター小児保健部門講師などを経て、現在、葛飾赤十字産院院長、東京女子医科大学非常勤講師。

 

■主な経歴

1982年3月 札幌医科大学医学部卒業
1982年5月 東京女子医科大学小児科学教室入局
1987年4月 東京女子医科大学母子総合医療センター小児保健部門配転
1993年1月 医学博士取得
1994年5月 東京女子医科大学母子総合医療センター小児保健部門講師
1999年3月 東京女子医科大学退職
1999年4月 葛飾赤十字産院副院長、東京女子医科大学非常勤講師
2006年4月 葛飾赤十字産院院長

 

■専門領域

小児保健、ハイリスク児のフォローアップ
健診等を通じて乳幼児の発育発達、育児相談を中心に診療し、
育児雑誌やインターネットでの育児相談を担当している。

 

■所属学会・委員等

日本小児科学会専門医
日本小児皮膚科学会運営委員
日本タッチケア協会幹事
東京都小児保健協会幹事
こどもの心相談医
日本医師会認定産業医
NPOブックスタート理事

 

 

■HP 葛飾赤十字産院

■ブログ 院長ブログ

 

赤ちゃんは食道と胃の接合部にある噴門括約筋の力が弱いので、おっぱいやミルクが逆戻りしやすくなっています。また、おっぱいやミルクといっしょに空気もたくさん飲み込むので、授乳の後に上手にゲップをさせないと飲んだものを吐き出してしまうことがあります。寝ているときに吐くと、吐いたものがのどに詰まったり、まれには窒息して死亡することもあるので注意が必要です。おっぱいやミルクの後は必ずゲップをさせましょう。また、ゲップが出なかったときは苦しそうにしていないかどうかをよく確認するようにしましょう。

 

 

 

■応急処置:のどに詰まったときの吐かせ方

  • [1] 口の中に入っているものを指でかきだす
  • [2] 呼吸が弱くなってきたときは、ひざの上にうつぶせに抱き、左右の肩甲骨の間を4回くらいたたく。赤ちゃんを逆さまにしてもよい
  • [3] 取れないときは急いで病院に行く
  • [4] 呼吸が止まっている場合は直ちに心肺蘇生法を行う

 

監修/三石 知左子先生

 

2015/07/02


この記事にいいね!しよう

いいね!
25

現在ログインしていません。

コメント

  • この記事にコメントする

    残り文字

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。