吐いたものがのどに詰まったときの応急処置

赤ちゃんは食道と胃の接合部にある噴門括約筋の力が弱いので、おっぱいやミルクが逆戻りしやすくなっています。また、おっぱいやミルクといっしょに空気もたくさん飲み込むので、授乳の後に上手にゲップをさせないと飲んだものを吐き出してしまうことがあります。寝ているときに吐くと、吐いたものがのどに詰まったり、まれには窒息して死亡することもあるので注意が必要です。おっぱいやミルクの後は必ずゲップをさせましょう。また、ゲップが出なかったときは苦しそうにしていないかどうかをよく確認するようにしましょう。

 

 

 

■応急処置:のどに詰まったときの吐かせ方

  • [1] 口の中に入っているものを指でかきだす
  • [2] 呼吸が弱くなってきたときは、ひざの上にうつぶせに抱き、左右の肩甲骨の間を4回くらいたたく。赤ちゃんを逆さまにしてもよい
  • [3] 取れないときは急いで病院に行く
  • [4] 呼吸が止まっている場合は直ちに心肺蘇生法を行う

 

監修/三石 知左子先生

 

2015/07/02


コメント

  • この記事にコメントする

    残り文字

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。