吐いたものがのどに詰まったときの応急処置

この記事の監修者

医師三石 知左子 先生
小児科 | 葛飾赤十字産院院長

東京女子医科大学小児科入局後、東京女子医科大学母子総合医療センター小児保健部門講師などを経て、現在、葛飾赤十字産院院長、東京女子医科大学非常勤講師。

赤ちゃんは食道と胃の接合部にある噴門括約筋の力が弱いので、おっぱいや育児用ミルクが逆戻りしやすくなっています。また、おっぱいや育児用ミルクといっしょに空気もたくさん飲み込むので、授乳の後に上手にゲップをさせないと飲んだものを吐き出してしまうことがあります。寝ているときに吐くと、吐いたものがのどに詰まったり、まれには窒息して死亡することもあるので注意が必要です。授乳の後は必ずゲップをさせましょう。また、ゲップが出なかったときは苦しそうにしていないかどうかをよく確認するようにしましょう。離乳食が進んで飲むミルクの量が減ってくる乳児期後半になれば、ゲップをさせなくてもよくなってくるでしょう。

 

 

 

■応急処置:のどに詰まったときの吐かせ方

  • [1] 口の中に入っているものを指でかきだす
  • [2] 呼吸が弱くなってきたときは、ひざの上にうつぶせに抱き、左右の肩甲骨の間を4回くらいたたく。赤ちゃんを逆さまにしてもよい
  • [3] 取れないときは急いで病院に行く
  • [4] 呼吸が止まっている場合は直ちに心肺蘇生法をおこない救急車を呼びましょう

 

監修/三石 知左子先生

 

専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

育児中に見ておきたい動画
もっと見る
あわせて読みたい記事
もっと見る
この時期に気になるQ&A
もっと見る