誤飲を防ぐために気をつけたいこと

家の中には赤ちゃんが誤って飲んだり食べたりするかもしれない、危険なものがたくさんあります。基本は整理整頓とこまめな掃除。さらに次のような点に注意して誤飲を防ぎましょう。

 

・触られて困る物は高さ1m以上のところに置くようにする

・鏡台の前に化粧品を出したままにしない

・お菓子の缶には薬などを入れない

・ボタンや硬貨、電池など口に入りやすい物を出したままにしない

 

 

 

直径39ミリ以下のものには注意

乳幼児の口の大きさは、最大口径が約39mm。この大きさより小さいものは、小さな子どもが飲み込んでしまう可能性があります。ラップの芯くらいの大きさで、実際に確認してみましょう。意外に大きなものが、小さな子どもの口に入ることがわかります。これより小さなものは子どもの手の届かない場所に置くよう心掛けましょう。

 

 

監修/三石 知左子先生

 

監修者

医師 三石 知左子 先生

小児科 | 葛飾赤十字産院院長


東京女子医科大学小児科入局後、東京女子医科大学母子総合医療センター小児保健部門講師などを経て、現在、葛飾赤十字産院院長、東京女子医科大学非常勤講師。


経歴

1982年3月 札幌医科大学医学部卒業
1982年5月 東京女子医科大学小児科学教室入局
1987年4月 東京女子医科大学母子総合医療センター小児保健部門配転
1993年1月 医学博士取得
1994年5月 東京女子医科大学母子総合医療センター小児保健部門講師
1999年3月 東京女子医科大学退職
1999年4月 葛飾赤十字産院副院長、東京女子医科大学非常勤講師
2006年4月 葛飾赤十字産院院長


■専門領域

小児保健、ハイリスク児のフォローアップ
健診等を通じて乳幼児の発育発達、育児相談を中心に診療し、
育児雑誌やインターネットでの育児相談を担当している。

 

■所属学会・委員等

日本小児科学会専門医
日本小児皮膚科学会運営委員
日本タッチケア協会幹事
東京都小児保健協会幹事
こどもの心相談医
日本医師会認定産業医
NPOブックスタート理事


ベビーカレンダー記事制作の取り組み


この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

コメント

  • いつもお世話になっております。 毎回こちらのホーム画面のコメントが、リアルタイムで、うちの9ヶ月の娘とリンクして、大変ためになってます。今回は、誤飲のコメントでしたが、2日に誤飲してしまい、慌てました(T_T) おもちゃや、細かい物は全て片付けていたのですが、おもちゃのピアノのに付いている本はなんの疑いもしていませんでした。本の端をかみちぎって、食べていました。紙も厚手でしたが油断はできないなと反省しました。皆さんも、絵本なども注意してください。

この記事にコメントする

残り2,000文字

専門家の記事&最新ニュースが550件以上!

ベビーカレンダー監修者はこちら

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)