吐かせていいもの、いけないもの

この記事の監修者

医師三石 知左子 先生
小児科 | 葛飾赤十字産院院長

東京女子医科大学小児科入局後、東京女子医科大学母子総合医療センター小児保健部門講師などを経て、現在、葛飾赤十字産院院長、東京女子医科大学非常勤講師。

 

誤飲したら何でも急いで吐かせるというのは間違いです。誤飲したものによって、吐かせていいもの、食道やのどの粘膜を傷める危険があり吐かせてはいけないもの、とりあえず様子を見てもいいものに分けることができます。 また、誤飲したものがわからないときや口のまわりがただれているとき、せきこんだりけいれんしているときなどは、吐かせずにすぐに受診しましょう。

 

 

■吐かせていいもの、いけないもの

  • 【吐かせてはいけないもの(すぐに受診しましょう)】
    ・酸性、アルカリ性の洗浄剤(トイレ用、換気扇用、排水パイプ用など)・塩素系漂白剤 
    ・生石灰(乾燥剤)・農薬類 ・石油製品(灯油、ベンジン、シンナー)
    ・マニキュア、除光液・とがったもの(針、釘、カッターの刃)・ボタン電池
    ・樟脳(防虫剤)
     
  • 【吐かせていいもの(吐かせてから医師に相談しましょう)】
    ・たばこ・医薬品・アルコール・防虫剤(ナフタリン)

  •  

     

    【様子を見てもいいもの(大量に飲んだり病状が現れた場合は受診しましょう)】
    ①水分を取って様子を見る
    ・食品保存剤 ・シリカゲル(乾燥剤) ・化粧品(化粧水、クリーム、口紅) 
    ・香水 ・紙おむつ
     ②牛乳を飲んで様子を見る
     ・シャンプー ・シャボン玉液 ・弱酸性、中性、弱アルカリ性洗剤(台所用、洗濯用、浴室用) 
  • ・酸素系漂白剤
    ③そのまま様子を見る
    ・蚊取り線香、蚊取りマット ・パラジクロルベンゼン(防虫剤)・肥料、植物活力剤
    ・芳香剤

 

監修/三石 知左子先生

 

専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

育児中に見ておきたい動画
もっと見る
あわせて読みたい記事
もっと見る
この時期に気になるQ&A
もっと見る