分娩費用と入院費用はいくら? 出産にかかる金額の相場と内訳について

19

分娩費用・入院費用イメージ

 

出産を控えたママにとって、赤ちゃんに会える日が待ち遠しい反面、どのくらいお金がかかるのかご心配なママもいるのではないでしょうか? ここでは、赤ちゃんを迎えるためにかかる金額とその内訳を解説します。

 

 

分娩費用と入院費用の相場

国民健康保険中央会によると、平成28年における正常分娩分の平均的な出産費用の全国平均は505,759円でした。これは分娩費用と入院費用を足した合計です。


既にご存知の方も多いかもしれませんが、国から「出産育児一時金」として42万円(産科医療補償制度に加入していない医療機関などで出産した場合は40.4万円)が支給されるため、これを差し引いた額が実際の自己負担額となります。
 
つまり、仮に出産費用が505,759円だとすると、自己負担額は85,759円です。

(出産費)505,759円 ー(出産育児一時金)42万円 =(自己負担額)85,759円
 
ですが、この金額はあくまで平均額です。出産する施設や出産方法、入院期間などによっても変わります。妊娠がわかり、産院選びをする際にあらかじめ確認しておくと安心です。

 

 

↑目次に戻る

 

 

出産費用の内訳

出産費用の内訳は次の通りです。
 
●分娩に関する費用
分娩料の平均は254,180円。分娩料とはお産の行為そのものにかかる費用です。分娩方法によって大きく異なるのがポイントです。
 
●入院に関する費用
入院に関係する項目として「入院料」と「室料差額」があります。

・入院料
入院日数と分娩場所によって費用に差が出やすい項目です。全体の平均は入院日数6日で112,726円です。これに対し、助産所のみでの集計結果では入院日数平均5日間で84,246円となっています。


・室料差額
室料差額とは、基本の入院料にプラスして発生する室料を指します。バス・トイレ付きや個室など、部屋のランクを上げると室料差額が増えます。
 
●赤ちゃんとママの処置にかかる費用
分娩と入院そのものにかかる費用とは別に、検査や処置の費用もかかります。

 

・新生児管理保育料
赤ちゃんに対する管理・保育にかかる費用です。

 

・検査・薬剤料
ママに対する検査代と薬代です。ママは退院までの間に何度か検査を受け、必要に応じて薬が処方されます。

 

・処置・手当料
医学的処置や乳房ケア、産褥指導などの費用です。乳房ケアとは授乳がスムーズにおこなえるように施される手当やマッサージなどです。
 
・産科医療補償制度
分娩に関連して重度脳性麻痺となった赤ちゃんとご家族の経済的負担を補償するとともに、脳性麻痺発症の原因分析をおこない、再発防止に役立つ情報を提供する制度です。加入は任意ですが、万が一、後天的な脳性麻痺にかかったら莫大な治療費がかるため、分娩施設から加入を求められます。


●その他の費用
文書料や産後に提供されるお祝い膳など、上記以外にかかる費用です。

 

 

 

↑目次に戻る

 

 

分娩の方法によって金額が変わる! 種類別費用

出産費用は分娩方法によっても変わります。
 
●自然分娩
自然分娩は麻酔や陣痛促進剤などを使用せずにおこなう出産方法です。基本的に健康保険は適用されず、自費診療扱いです。費用は40万~60万円が相場と言われています。

 
●帝王切開
帝王切開はメスを使っておなかと子宮を切開し、子宮から直接赤ちゃんを取り出す出産方法です。保険が適用される医療行為となり、予定帝王切開の場合、20,1400円となっています。しかし、緊急帝王切開や予定帝王切開でも多胎やその他のリスクを伴う場合は、金額が加算されます。帝王切開での出産となれば入院日数も増えますので、その分室料が追加されて出産費用が膨らみます。

 

●無痛分娩
無痛分娩とは、麻酔を使用して痛みを取り除く、あるいは軽減しておこなうお産です。無痛分娩の場合は麻酔を投与した後、自然分娩同様に出産します。医療機関によって費用にもバラつきがありますが、自然分娩の金額に麻酔代として10万円前後プラスされるケースが多いようです。そのほかに子宮の入口を広げる処置や陣痛促進剤を使うなどの医療行為が増える場合が多いので、その分の費用もプラスされます。

 

 

 

↑目次に戻る

2019/01/15

この記事にいいね!しよう

いいね!
19

現在ログインしていません。

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。