ベビカレアプリで見る
ベビーカレンダー

6/12 Sat

プレゼント

メニュー

閉じる

ログイン

海老と大豆のクスクスサラダ

miomioさんのレシピ

0

海老と大豆のクスクスサラダ

管理栄養士のレシピ解説

1食で1日分のビタミンE、ナイアシン、葉酸、マグネシウム、鉄、亜鉛、銅が取れる優秀レシピ。1食分に必要なたんぱく質、ビタミンA、ビタミンB1、B2、B6、ビタミンC、カルシウムも取ることができます。野菜や大豆には肝臓の働きをサポートしてくれるマグネシウムや、妊娠力の高いからだつくりに欠かせない葉酸など、栄養がたっぷりです!

栄養価(1人分)

カロリー
706kcal
塩分相当量
2.2g
脂質
43.4g
糖質
37.1g
たんぱく質
29.3g
葉酸
217μg
4.1mg
亜鉛
3.0mg
カルシウム
141mg
コレステロール
96mg
ビタミンA
1,545μg
ビタミンC
138mg
ビタミンD
0μg
ビタミンE
9.6mg
ビタミンB1
0.33mg
ビタミンB2
0.42mg
ナイアシン
5.8mg
ビタミンB6
0.93mg
ビタミンB12
0.7μg
食物繊維
13.9g

材料(1人分)

クスクス(乾燥) 100g
むきえび 60g
大さじ1
大豆 60g
きゅうり 1/2本
パプリカ 50g
赤玉ねぎ 50g
アボカド 1/2個
ミニトマト 5個
■A
 オリーブオイル  大さじ1.5
 レモン汁  小さじ1
塩・こしょう 少々

作り方

  1. クスクスは同量のお湯と塩ひとつまみを加え、戻す。(5分ほどで戻る。)

  2. 1カップの湯を沸かし、酒を加え、むきえびをゆでる。表面の色が半透明から白っぽくなったら湯から引きあげて冷ます。

  3. きゅうり、アボカドは1cm角、パプリカ、赤玉ねぎは5mm角、ミニトマトは1/4サイズにカットする。

  4. 1のクスクスに2のエビと3の野菜、大豆を加え、Aを加えよく混ぜる。
  5. 最後に塩・こしょうで調節する。

  6. あれば、パクチー、ミントなどで飾る。

えびをゆでる際に酒を加えることでぷりっと仕上がります。

miomioさんのコメント

今日のわたしをととのえる &spice.(アンドスパイス) / アーユルヴェーダフードアドバイザー田口美緒

妊娠前の食事のビタミンEを摂る新着レシピ

ビタミンEは「妊娠ビタミン」とも呼ばれ、排卵の促進、卵巣重量の増加など妊娠しやすい体をつくるためには欠かせない栄養素です。また、ビタミンEはホルモンバランスを調整してくれる働きもあり、生理痛や月経不順解消にも効果があります。

妊娠前の食事のビタミンCを摂る新着レシピ

ビタミンCは、体の細胞と細胞を結ぶコラーゲンというたんぱく質を作る栄養素です。強い抗酸化作用があり、有害な活性酵素から身体を守る働きをします。肌や粘膜の健康を維持したり、動脈硬化などの予防にも効果があります。

妊娠前の食事のビタミンAを摂る新着レシピ

ビタミンAは細胞や器官の形成に深くかかわっています。身体の発育を促したり、肌の健康を維持したり、喉や鼻の粘膜に働いて細菌から身体を守るなど、さまざまな重要な役割を担っています。

妊娠前の食事のカルシウムを摂る新着レシピ

カルシウムは骨や歯を作る栄養素。血液や筋肉、神経にも存在しているため、自律神経の調整にも影響を与えます。不足すると足がつったりしびれたり、「イライラはカルシウム不足」と言われるように精神面にも影響を与えると言われています。

妊娠前の食事の亜鉛を摂る新着レシピ

亜鉛は粘膜をつくる材料で、子宮環境をととのえるために必要な栄養素です。亜鉛は男性の前立腺に多く存在し、男性ホルモンの合成を助け精子を作ったり、精子の活動を活発にする作用もあり、子どもを望む男性にも必要な栄養素です。

妊娠前の食事の鉄を摂る新着レシピ

鉄は、体内で酸素を運ぶ役割を担っています。鉄が欠乏すると酸素の供給が不十分、いわゆる酸欠となって疲れや立ちくらみが起こったり、血流が滞り冷え性や、肩こりや腰痛の原因になります。

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)