ベビカレアプリで見る
ベビーカレンダー

8/5 Thu

プレゼント

メニュー

閉じる

ログイン

鶏レバーの青椒肉絲風

ぷにさんのレシピ

0

鶏レバーの青椒肉絲風

管理栄養士のレシピ解説

1日分のビタミンA、ビタミンB2、12、葉酸が、この1食で取れるレシピ。1食ぶんに必要なたんぱく質、ビタミンB1、ナイアシン、ビタミンB6、ビタミンC、鉄、亜鉛、銅も取ることができます。パセリや大葉などを加えると彩りも良く、腸の運動を促してくれるのでおすすめですよ。

栄養価(1人分)

カロリー
300kcal
塩分相当量
4.4g
脂質
7.5g
糖質
31.2g
たんぱく質
23.4g
葉酸
1,345μg
10.0mg
亜鉛
4.1mg
カルシウム
57mg
コレステロール
372mg
ビタミンA
168μg
ビタミンC
60mg
ビタミンD
0.2μg
ビタミンE
0.9mg
ビタミンB1
0.46mg
ビタミンB2
1.87mg
ナイアシン
5.3mg
ビタミンB6
1.03mg
ビタミンB12
44.7μg
食物繊維
3.7g

材料(1人分)

鶏レバー 100グラム
ピーマン 1個
玉ねぎ 1/2個
オイスターソース 小さじ2
醤油 小さじ2
鶏がらスープの素 小さじ1/2
大さじ2
片栗粉 大さじ1と小さじ1
にんにくすりおろし 小さじ2
ごま油 大さじ1

作り方

  1. 鶏レバーを細めに切り、水で洗い、血抜きをする
  2. 1を熱湯にくぐらせ、水気をきり、にんにくをすりこむ
  3. ピーマンと玉ねぎをスライスする
  4. レバーに片栗粉大さじ1をまぶす
  5. ごま油で4をかりっとなるまで炒めて取り出す
  6. ピーマンと玉ねぎを炒め、5を戻し入れる
  7. 残りの調味料と水を混ぜたものを加えて和える
・片栗粉をまぶしたレバーはあまり触らずにじっくり炒めないと衣がとれてしまいます。
・鶏レバーではなく、細切りの豚レバーでもおいしいです。本来青椒肉絲は筍が多いですが、ほとんどの家庭にある玉ねぎを活用し、使いやすくしました。

ぷにさんのコメント

妊娠前の食事のビタミンCを摂る新着レシピ

ビタミンCは、体の細胞と細胞を結ぶコラーゲンというたんぱく質を作る栄養素です。強い抗酸化作用があり、有害な活性酵素から身体を守る働きをします。肌や粘膜の健康を維持したり、動脈硬化などの予防にも効果があります。

妊娠前の食事のビタミンAを摂る新着レシピ

ビタミンAは細胞や器官の形成に深くかかわっています。身体の発育を促したり、肌の健康を維持したり、喉や鼻の粘膜に働いて細菌から身体を守るなど、さまざまな重要な役割を担っています。

妊娠前の食事のコレステロールを摂る新着レシピ

コレステロールは脂質の一種です。摂り過ぎると、心筋梗塞や動脈硬化などの生活習慣病の原因になりますが、身体の細胞膜や性ホルモンの成分にもなる大切な栄養成分なので、少なすぎるのも問題になります。

妊娠前の食事の亜鉛を摂る新着レシピ

亜鉛は粘膜をつくる材料で、子宮環境をととのえるために必要な栄養素です。亜鉛は男性の前立腺に多く存在し、男性ホルモンの合成を助け精子を作ったり、精子の活動を活発にする作用もあり、子どもを望む男性にも必要な栄養素です。

妊娠前の食事の鉄を摂る新着レシピ

鉄は、体内で酸素を運ぶ役割を担っています。鉄が欠乏すると酸素の供給が不十分、いわゆる酸欠となって疲れや立ちくらみが起こったり、血流が滞り冷え性や、肩こりや腰痛の原因になります。

妊娠前の食事のたんぱく質を摂る新着レシピ

私たちの身体のほとんどはたんぱく質でできています。身体に必要な酵素やホルモンもたんぱく質からできていますし、妊娠力アップに必要な鉄やビタミンなどの栄養素を、細胞に届け活性化させる大事な役割を担っています。

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)