女性側の主な不妊検査

0

問診では夫婦生活の状況などを調べます。全身状態を調べる内科の一般検査、子宮がん、性感染症などの婦人科の一般検査のほか、不妊治療特有の検査を行います。検査は月経周期によって「卵胞期」「排卵期」「黄体期」「月経期」の4ジャンルに分けられます。

それぞれの主な検査について見てみましょう。

 

 

卵胞期の不妊検査

卵胞期とは、卵巣内で卵子が育つ期間です。生理の終了後から排卵前の期間までを利用して行われます。卵巣内での卵子の発育状態、卵管の詰まり具合、ホルモン分泌の状態、子宮の異常(子宮筋腫、ポリープ、奇形、炎症、癒着など)の有無を調べます。

 

 

排卵期の不妊検査

排卵の数日前から、排卵後に基礎体温が高温になるまでの期間に受ける検査です。超音波検査によって卵胞の大きさを測定して排卵日を予測します。性行為のタイミングもこのときに指導されます。また、ホルモン検査のほか性行為前後で子宮頸管粘液の状態を調べる検査なども行われます。

 

 

黄体期の不妊検査

排卵後から生理前までの期間に受ける検査です。超音波検査によって卵胞の状態を観察して排卵が行われたかどうかを調べたり、子宮内膜の厚さをチェックします。また、ホルモン分泌の状態も検査します。

 

 

月経期の不妊検査

生理開始の2〜5日目に行われる検査です。ホルモン検査のほか、月経血を培養して結核菌の有無を調べる検査を行います。

 

(監修/天神尚子先生

 

 

2015/07/09


この記事にいいね!しよう

いいね!
0

現在ログインしていません。

コメント

  • この記事にコメントする

    残り文字

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。