続発性不妊症(二人目不妊)

16

監修者

医師 天神尚子 先生

産婦人科 | 三鷹レディースクリニック院長


日本医科大学産婦人科入局後、派遣病院を経て、米国ローレンスリバモア国立研究所留学。その後、日本医科大学付属病院講師となり、平成7年5月から三楽病院勤務。日本医科大学付属病院客員講師、三楽病院産婦人科科長を務めた後、退職。2004年2月2日より、三鷹レディースクリニックを開業。

 

■主な経歴

1981年 日本医科大学医学部卒業
1988年 米国ローレンスリバモア国立研究所 留学
1994年 日本医科大学 産婦人科学講師
1995年 東京都教職員互助会三楽病院 産婦人科科長
1995年 日本医科大学 産婦人科学客員講師
2004年 三鷹レディースクリニック開業

 

■所属学会

日本産婦人科学会
日本女性医学学会
日本生殖医学会
日本産婦人科乳腺医学会

 

■メディア履歴

【雑誌】

妊婦さんの出産準備を応援する雑誌「Pre-mo(プレモ)」(主婦の友社発行)

「マタニティ」(学研プラス発行)

「妊すぐ」(リクルート発行) ほか多数

 

【テレビ・ラジオ】

NHK『ニュース シブ5時』でPMDD(月経前不快気分障害)セルフチェック!の取材

患者さんから先生へ感謝の手紙を紹介する番組『Letters~感謝の手紙~』(テレビ東京)

TBS『アッコにおまかせ!』で産後うつについてコメント 他

 

【その他メディア】

妊娠・出産・育児の情報サイト『ベビーカレンダー』監修者
生活総合情報サイトAll Aboutで産後ブルーについての記事執筆
妊娠・出産・育児に関する情報サイトgooベビーで診察室から 最近の診療現場で感じることの記事執筆
 

■HP:三鷹レディースクリニック

1人目は自然妊娠できたのに、2人目がなかなかできない人もいます。このような不妊症を「続発性不妊症」といいます。

続発性不妊症のもっとも大きな要因となるのが「加齢」です。子宮内膜症や子宮筋腫などの障害がなくても、30代後半以降は卵子の質や子宮の機能が低下し、ホルモンの状態も変化するため、妊よう率(受精・着床する確率)は著しく低下します。

また、男性の側もストレスや体調の変化によって精子の状態が悪くなっている場合があります。従って、排卵日前後に性交してもなかなか妊娠できないことも珍しくありません。特に30代に結婚した人で2人以上子どもが欲しいなら、まず1人目の妊娠になるべく早くトライし、スムーズに2人目も授かれるように妊娠・出産・育児計画を考えましょう。

また、1人目の出産時に大きなトラブルがあったり細菌などに感染した場合は、子宮や卵管に癒着が起こって不妊に結びついていることもあります。いずれにしても、毎月排卵日前後に性交しているのに2人目を妊娠できない場合には、約1年後には受診した方がいいでしょう。1人目でも2人目でも、不妊症の検査や治療の内容は基本的に同じです。

 

 

(監修/天神尚子先生

 

 

2015/07/10


この記事にいいね!しよう

いいね!
16

現在ログインしていません。

コメント

  • この記事にコメントする

    残り文字

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。