高度不妊治療

この記事の監修者

医師天神尚子 先生
産婦人科 | 三鷹レディースクリニック院長

日本医科大学産婦人科入局後、派遣病院を経て、米国ローレンスリバモア国立研究所留学。その後、日本医科大学付属病院講師となり、平成7年5月から三楽病院勤務。日本医科大学付属病院客員講師、三楽病院産婦人科科長を務めた後、退職。2004年2月2日より、三鷹レディースクリニックを開業。

一般不妊治療を試して妊娠できない場合には、高度不妊治療へ進むという選択肢があります。しかし、原因によって、または年齢的に余裕がない場合には早めに高度不妊治療に進んだほうがよい場合もあります。

主な高度不妊治療には次のようなものがあります。

 

体外受精

排卵誘発剤で排卵を促し、卵巣から直接卵子を採取して状態の良い卵子を選んで培養液に入れます。同時に、男性はマスターベーションによって精液を採取し、元気な精子だけを選び出します。これらの卵子と精子をシャーレに入れて受精させます。細胞分裂が進んだ受精卵のなかから状態が良いものをチューブで子宮内に入れます。そして、無事着床できれば妊娠になります。

 

顕微授精

体外受精をおこなって精子が卵子の中に入れない「受精障害」がわかった場合には、「顕微授精」という選択肢があります。これは顕微鏡下で採取した卵子の中にガラス管を通し、精子を入れる方法です。

この方法により、たとえ1つでも精子がいれば受精ができるようになりました。受精後は体外受精と同じように子宮内に移し、着床を待ちます。

 

 

専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

妊娠前に見ておきたい動画
もっと見る
あわせて読みたい記事
もっと見る