着床のトラブル(女性側の主な不妊原因)

子宮にたどり着いた受精卵が、うまく着床できないトラブルです。主に次の7つの原因が考えられます。

 

(1)子宮筋腫か子宮腺筋症がある

(2)子宮内膜に小さなコブ状のポリープがある

(3)手術痕や性感染症の炎症などで子宮内膜が癒着している

(4)子宮奇形

(5)卵胞ホルモン、黄体ホルモンの不足で、子宮内膜が厚くならない

(6)子宮内膜が厚くなり過ぎる

(7)子宮体がんがある

 

(1)は大きな子宮筋腫の場合には手術で筋腫を切除したり、子宮腺筋症の場合には薬によって症状を改善させます。
(2)や(3)では、病巣部をはがして様子をみます。
(4)の場合は、形成手術がおこなわれる場合があります。
(5)の治療では主にホルモンを補充する方法がおこなわれます
(6)は、厚くなりすぎた子宮内膜をはがして様子を見ます。
(7)の子宮体がんの場合には、残念ながら基本的には子宮を全摘出する必要があります。

 

 

 

監修者

医師 天神尚子 先生

産婦人科 | 三鷹レディースクリニック院長


日本医科大学産婦人科入局後、派遣病院を経て、米国ローレンスリバモア国立研究所留学。その後、日本医科大学付属病院講師となり、平成7年5月から三楽病院勤務。日本医科大学付属病院客員講師、三楽病院産婦人科科長を務めた後、退職。2004年2月2日より、三鷹レディースクリニックを開業。


経歴

1981年 日本医科大学医学部卒業
1988年 米国ローレンスリバモア国立研究所 留学
1994年 日本医科大学 産婦人科学講師
1995年 東京都教職員互助会三楽病院 産婦人科科長
1995年 日本医科大学 産婦人科学客員講師
2004年 三鷹レディースクリニック開業

 

■所属学会

日本産婦人科学会
日本女性医学学会
日本生殖医学会
日本産婦人科乳腺医学会

 

■メディア履歴

【雑誌】

妊婦さんの出産準備を応援する雑誌「Pre-mo(プレモ)」(主婦の友社発行)

「マタニティ」(学研プラス発行)

「妊すぐ」(リクルート発行) ほか多数

 

【テレビ・ラジオ】

NHK『ニュース シブ5時』でPMDD(月経前不快気分障害)セルフチェック!の取材

患者さんから先生へ感謝の手紙を紹介する番組『Letters~感謝の手紙~』(テレビ東京)

TBS『アッコにおまかせ!』で産後うつについてコメント 他

 

【その他メディア】

妊娠・出産・育児の情報サイト『ベビーカレンダー』監修者
生活総合情報サイトAll Aboutで産後ブルーについての記事執筆
妊娠・出産・育児に関する情報サイトgooベビーで診察室から 最近の診療現場で感じることの記事執筆


ベビーカレンダー記事制作の取り組み


この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

コメント

この記事にコメントする

残り2,000文字

専門家の記事&最新ニュースが550件以上!

ベビーカレンダー監修者はこちら

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)