着床のトラブル(女性側の主な不妊原因)

この記事の監修者

医師天神尚子 先生
産婦人科 | 三鷹レディースクリニック院長

日本医科大学産婦人科入局後、派遣病院を経て、米国ローレンスリバモア国立研究所留学。その後、日本医科大学付属病院講師となり、平成7年5月から三楽病院勤務。日本医科大学付属病院客員講師、三楽病院産婦人科科長を務めた後、退職。2004年2月2日より、三鷹レディースクリニックを開業。

子宮にたどり着いた受精卵が、うまく着床できないトラブルです。主に次の7つの原因が考えられます。

 

(1)子宮筋腫か子宮腺筋症がある

(2)子宮内膜に小さなコブ状のポリープがある

(3)手術痕や性感染症の炎症などで子宮内膜が癒着している

(4)子宮奇形

(5)卵胞ホルモン、黄体ホルモンの不足で、子宮内膜が厚くならない

(6)子宮内膜が厚くなり過ぎる

(7)子宮体がんがある

 

(1)は大きな子宮筋腫の場合には手術で筋腫を切除したり、子宮腺筋症の場合には薬によって症状を改善させます。
(2)や(3)では、病巣部をはがして様子をみます。
(4)の場合は、形成手術がおこなわれる場合があります。
(5)の治療では主にホルモンを補充する方法がおこなわれます
(6)は、厚くなりすぎた子宮内膜をはがして様子を見ます。
(7)の子宮体がんの場合には、残念ながら基本的には子宮を全摘出する必要があります。

 

 

 

専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

妊娠前に見ておきたい動画
もっと見る
あわせて読みたい記事
もっと見る