精子が外に出られないトラブル(男性側の主な不妊原因)

この記事の監修者

医師天神尚子 先生
産婦人科 | 三鷹レディースクリニック院長

日本医科大学産婦人科入局後、派遣病院を経て、米国ローレンスリバモア国立研究所留学。その後、日本医科大学付属病院講師となり、平成7年5月から三楽病院勤務。日本医科大学付属病院客員講師、三楽病院産婦人科科長を務めた後、退職。2004年2月2日より、三鷹レディースクリニックを開業。

射精までの道筋のどこかに問題があると考えられる場合、代表的なものとして2つの原因があります。

 

(1)炎症によって精管がふさがっている

(2)精液が膀胱に射精されてしまう

 

検査では、造影剤を注入してそれぞれの場所を撮影しながら、原因となる場所を探します。


(1)の場合、抗生物質を投与して炎症を治しますが、それでもふさがっていれば、顕微授精による妊娠が選択されることもあります。
(2)の場合、人工授精や体外受精などの方法で妊娠を目指します。

 

 

 

 

 

 

専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

妊娠前に見ておきたい動画
もっと見る
あわせて読みたい記事
もっと見る
この時期に気になるQ&A
もっと見る