子宮頸管のトラブル(女性側の主な不妊原因)

この記事の監修者

医師天神尚子 先生
産婦人科 | 三鷹レディースクリニック院長

日本医科大学産婦人科入局後、派遣病院を経て、米国ローレンスリバモア国立研究所留学。その後、日本医科大学付属病院講師となり、平成7年5月から三楽病院勤務。日本医科大学付属病院客員講師、三楽病院産婦人科科長を務めた後、退職。2004年2月2日より、三鷹レディースクリニックを開業。

精子が子宮に入るための通り道「子宮頸管」にトラブルがあり、精子が子宮にたどり着けない状態です。次のような原因が考えられます。

 

(1)頸管の粘液が十分に分泌されない

(2)精子を拒む抗体(抗精子抗体)がある

(3)頸管炎、子宮頸管ポリープなどで精子の通過が妨げられる

 

(1)では、卵胞ホルモンが不足していることがあり、このケースではホルモンを補う治療をおこないます。(2)の場合は、妊娠のタイミング指導で効果が上がらない場合には、人工授精や体外受精に進むこともあります。(3)の場合、頸管炎では抗菌剤投与、頸管ポリープがある場合は切除します。

 

 

 

 

 

専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

妊娠前に見ておきたい動画
もっと見る
あわせて読みたい記事
もっと見る
この時期に気になるQ&A
もっと見る

お子さまの写真
投稿で当たる🎁

ココをタップして
︎詳細を確認▶