子宮頸管のトラブル(女性側の主な不妊原因)

精子が子宮に入るための通り道「子宮頸管」にトラブルがあり、精子が子宮にたどり着けない状態です。次のような原因が考えられます。

(1)頸管の粘液が十分に分泌されない

(2)精子を拒む抗体(抗精子抗体)がある

 

(1)では、卵胞ホルモンが不足していることがあり、このケースではホルモンを補う治療を行います。または頸管に炎症があったり、精液に細菌がある場合(膿精子症)には、抗生物質を使用します。
(2)の場合は、妊娠のタイミング指導で効果が上がらない場合には、人工授精や体外受精に進むこともあります。

これらの他にも「子宮内膜症」も大きな不妊の原因の一つです。

 

 

(監修/天神尚子先生

 

 

2015/07/10


コメント

  • この記事にコメントする

    残り文字

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。