一般不妊治療

この記事の監修者

医師天神尚子 先生
産婦人科 | 三鷹レディースクリニック院長

日本医科大学産婦人科入局後、派遣病院を経て、米国ローレンスリバモア国立研究所留学。その後、日本医科大学付属病院講師となり、平成7年5月から三楽病院勤務。日本医科大学付属病院客員講師、三楽病院産婦人科科長を務めた後、退職。2004年2月2日より、三鷹レディースクリニックを開業。

不妊治療では、不妊検査を受けながら排卵日のタイミングを予測した性交のタイミング指導がおこなわれます。また、検査で不妊につながる原因が見つかった場合、治療をおこないます。この時期におこなわれる治療には、例えば次のようなものがあります。

 

排卵誘発剤の使用

排卵の障害が疑われる場合、排卵を助ける働きをする薬を使います。初期には卵胞刺激ホルモンの分泌を促して排卵を誘発する「クロミッド」などの内服薬を使い、それでも効果がない場合には、ゴナドトロピン療法をおこないます。

 

 

人工授精

女性側では子宮頸管粘液が不足していたり、抗精子抗体があるなど精子が子宮内に入りにくい障害がある場合、また男性側では精子の数が少ない、運動性が悪い、性機能障害がある場合などに「人工授精」が試みられます。

マスターベーションで採取した精液をそのまま、あるいは洗浄・濃縮して注射器で子宮内に注入します。

 

専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

妊娠前に見ておきたい動画
もっと見る
あわせて読みたい記事
もっと見る