排卵のトラブル(女性側の主な不妊原因)

この記事の監修者

医師天神尚子 先生
産婦人科 | 三鷹レディースクリニック院長

日本医科大学産婦人科入局後、派遣病院を経て、米国ローレンスリバモア国立研究所留学。その後、日本医科大学付属病院講師となり、平成7年5月から三楽病院勤務。日本医科大学付属病院客員講師、三楽病院産婦人科科長を務めた後、退職。2004年2月2日より、三鷹レディースクリニックを開業。

卵子が育たないか、育っても排卵できない状態です。次の6つの原因が考えられます。

  • (1)ストレスや、甲状腺機能障害などの疾患の影響で、排卵を促すホルモンがうまく分泌されない
  • (2)加齢などの影響で、卵巣の働きが低下している
  • (3)卵巣の表面の皮が硬すぎて排卵できない
  • (4)黄体ホルモンの分泌が不十分で、基礎体温の高温相が続かない
  • (5)卵胞(卵が入っている袋)から卵が飛び出さず、排卵できない
  • (6)乳汁を分泌させるホルモン「プロラクチン」が多すぎて、排卵を妨げている

 

(1)〜(3)の場合には、主に「排卵誘発剤」という薬を投与して排卵を促します。
(4)の場合には、黄体ホルモンを補充します。
(5)の治療には、腟から針を通して卵巣に穴をあけるなどの方法があります。
(6)の場合、脳の下垂体に大きな腫瘍ができている可能性があるため、手術で取り除くか、薬でホルモン状態を改善するなどの方法が選択されます。

 

 

 

 

専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

妊娠前に見ておきたい動画
もっと見る
あわせて読みたい記事
もっと見る
この時期に気になるQ&A
もっと見る

同月齢の赤ちゃん
ってどんな感じ?

みんなの成長アル
バムで早速見る▶