心と体を成長させる「離乳食」〜愛育病院 前栄養科科長・管理栄養士 山本妙子先生より〜

愛育病院の前栄養科科長の、山本先生に「離乳食」の大切さについて教えていただきました。

離乳食の役割はさまざま

赤ちゃんの心と体の準備が整って、授乳時間の間隔が開いてきたら、「離乳食」の始めどきです。「離乳食」の大きな役割は、成長すると母乳やミルクだけでは不足してくる栄養素を補うことにあります。同時に、母乳やミルクを飲むだけだった赤ちゃんにとって、「離乳食」は固形物を飲み込みやすい大きさにかみくだく「そしゃく」の練習をかねています。

食事をすることが赤ちゃんの消化機能を発達させ、味覚を形成します。生後9〜11カ月ごろになると、手づかみ食べをする赤ちゃんが出てきますが、自分で食べたいという意欲をはぐくむことも、離乳食の大きな役割です。また、母乳やミルクとは違う味やにおい、舌ざわりが感覚器官を刺激し、手でつかむ、口に運ぶなどの行動が運動器官を刺激する面も見逃せません。赤ちゃんの心と体の成長に「離乳食」は深いかかわりがあるのです。

生活リズムや雰囲気づくりが大切

大切な役割がある「離乳食」ですが、特別なものと考えることはありません。毎日、大人の食事を作るとき、素材を途中で取り出して、やわらかく赤ちゃん向けに調理する、もっと大きくなったら、大人の料理を薄味にして食べさせる など、手軽にできる工夫をすれば大丈夫です。忙しいとき、 むずかしいときは、手作りにこだわらないで、ベビーフード も活用しましょう。

最近は、ネットなどでたくさんの離乳食情報が手に入るようになりました。便利ですが、情報に振り回されて迷ってしまったり、目安の分量やマニュアルにとらわれてしまったり するママが増えているようです。最初のうちは、赤ちゃんのようすから、食べ方や健康状態を判断するのに慣れていないせいもあるのでしょう。

「離乳食」は赤ちゃんひとりひとりに合わせて進めていくもの。情報に振り回されたり、ほかの赤ちゃんと比べることなく、個人差があることをしっかり心にとめて、ゆったりとした気持ちで見守ってあげましょう。

このころは、早寝早起きのメリハリのある生活リズムを作ることも大切です。早起きしてたくさん遊ばせたら、おなかもすいて、食事どきには食欲もアップします。食べさせるときは、赤ちゃんのようすをよく見て、笑顔で「おいしいね」と 声をかけ、食べたらほめてあげましょう。月齢が進んだら、家族そろって楽しく食卓を囲み、赤ちゃんが、次の食事の時間が待ちどおしいと思えるような、楽しい雰囲気づくりを心がけてください。

山本妙子先生

愛育病院 前栄養科科長・管理栄養士 専門は乳幼児栄養・ 周産期栄養。社会福祉法人 恩賜財団母子愛育 会総合母子保健センター愛育病院 前栄養科科長。病院でのママ向けの離乳食講座で指導経験も豊富。


出典:大人気! クックパッドの離乳食(学研パブリッシング)より

ベビーカレンダー編集部

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

今すぐ使ってみよう

助産師に相談

ウェブ上で、直接助産師に相談ができるコーナーです。妊娠中や育児のお悩みや疑問を、助産師に、いつでも無料で相談できます!病院で聞くことができなかった疑問などに、経験豊富な助産師が丁寧にお答えします。


基礎知識

妊娠・出産・育児で知っておきたい情報を、記事としてまとめています。全ての記事は専門医の監修付きです。産婦人科医、小児科医はもちろん、アレルギー専門医まで。注意すべきことを的確にお伝えします。


Q&A

妊娠中の心配事や、出産や産後のママの体、生まれてきた赤ちゃんの悩みなどに、専門家がお答えするコーナーです。さまざまな質問と回答を掲載していますので、ご自身の状況が当てはまるケースを検索し、参考にしていただくことができます。