肩の力を抜き「楽しい」離乳食を〜管理栄養士 太田百合子先生より〜

栄養管理士の太田先生から離乳食の楽しみ方を教えていただきました。

赤ちゃんに合わせてサポート

私たちの命を支えているのは、毎日の食事。母乳やミルクを飲んで栄養をとっていた赤ちゃんも、やがて大人と同じように、食事から栄養をとるようになってい きます。その練習のプロセスが離乳であり、そのために用意してあげる食事が離乳食です。

でも、むずかしく考えることはありません。赤ちゃんは、 もともと食べる能力を持って生まれてきています。赤ちゃ んの心と体の発達のペースに合わせて、サポートしてあげれば大丈夫です。

「楽しい!」ことがいちばん

離乳食をスタートさせると、たくさん食べてほしくて、ついつい肩に力が入りがち。でも「これを作ったから食べ てよ」と押しつけてしまうと、せっかくの離乳食タイムが赤ちゃんにもママにもつらい時間になってしまいます。赤ちゃんが完食しなくても、がっかりしないで。赤ちゃんによって、離乳食の進み具合はさまざま。同じ月齢でも、食べるかたさや量は違うものなのです。

特に最初のころは、「ごはんっておいしいよ「」食べるって楽しいね」と伝えてあげることが大切です。栄養バランスに神経質になったり、ほかの赤ちゃんと比較したりすることはありません。頑張りすぎずに、肩の力を抜いて離乳食を楽しみましょう。赤ちゃんにとって食べることが「楽しい!」。ママにとっては食べさせることが「楽しい!」ということがいちばんです。

太田百合子先生

管理栄養士長年東京・こどもの城で、広場や離乳食講座を中心に活躍、ママや赤ちゃんと接しながらの、親しみやすくわかりやすい離乳食アドバイスには定評がある。『大人気! クックパッドの離乳食』(学研パブリッシング)の監修・指導を担当


出典:大人気! クックパッドの離乳食(学研パブリッシング)より

ベビーカレンダー編集部

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

今すぐ使ってみよう

助産師に相談

ウェブ上で、直接助産師に相談ができるコーナーです。妊娠中や育児のお悩みや疑問を、助産師に、いつでも無料で相談できます!病院で聞くことができなかった疑問などに、経験豊富な助産師が丁寧にお答えします。


基礎知識

妊娠・出産・育児で知っておきたい情報を、記事としてまとめています。全ての記事は専門医の監修付きです。産婦人科医、小児科医はもちろん、アレルギー専門医まで。注意すべきことを的確にお伝えします。


Q&A

妊娠中の心配事や、出産や産後のママの体、生まれてきた赤ちゃんの悩みなどに、専門家がお答えするコーナーです。さまざまな質問と回答を掲載していますので、ご自身の状況が当てはまるケースを検索し、参考にしていただくことができます。