パクパク期の離乳食のメニューや量、食事の進め方

11

パクパク期イメージ

もぐもぐごっくんが上手になってきたらもうパクパク期です。
赤ちゃんの食べたい気持ちを引き出すような食事作りを心がけましょう。

赤ちゃんに自我が出てきて好き嫌いや遊び食べも出てきだす時期ですが、焦らずに食事の時間を楽しみましょう。

 

 

パクパク期とは?

パクパク期とは、離乳食のステップのうち完了期のことを指します。

 

目安の時期としては、生後1年から1年半くらいです。赤ちゃんによって、体の発育も違えば離乳食の食べっぷりも全く違うので、どうか月齢で決めつけたり周りと比べることなく、お子さん自身の「食べられた!」「おいしい」の反応を大切にしてください。

 

しっかりおすわりができ、手に持って自分で食べたいという意思がみられるようになった頃、と考えても良いと思います。

だんだんとステップを踏んで離乳食を進めているなら、食べられる食材も調理法もかなり種類が増えてきているかもしれませんし、自分でつかんで食べることもしたがるようになっているはずです。

 

赤ちゃんが上手にスプーンやフォーク、自分の手で食べられるように工夫してあげると一層食事の時間が楽しくなります。

 

まだ強いアレルギー症状を起こす心配のある食材や、避けるべきもの、誤飲に注意したほうがよいものもありますが、この時期が過ぎればほとんどの食材を大人と同じように食べられるようになり、母乳やミルクからだった栄養が食事から摂れるようになっていきます。
 

 

 

パクパク期(完了期)へ移行するタイミング

パクパク期はほとんどの栄養を食事から摂れるようになる時期です。

離乳・卒乳をいつにするかはママと赤ちゃん次第ですが、実質的には様々な食材から栄養を摂取できるようにしてあげるのがこの時期の役目といえそうです。

 

赤ちゃんが食べやすく、自分からも食事ができるものを離乳食として準備してあげましょう。パクパク期の前の段階のカミカミ期(生後9〜11カ月が目安)には、様々な食感の食材や、ある程度の大きさのものを食べてしっかり歯や歯茎でもぐもぐカミカミすることを練習させます。

 

丸呑みせずにしっかり歯茎で潰してもぐもぐできていればパクパク期のメニューに移行させていきましょう。

 

 

パクパク期の食事の進め方・食べさせ方のコツ

この頃には1日に3回、ごはんの時間を作り、大人と一緒に食卓を囲むようにしましょう。

 

授乳やミルクの回数が減らない!という場合には、水分補給やおやつを間に挟んだり、積極的に外出してみてはいかがでしょうか。食事の間隔がしっかりとひらくとお腹も空き、食べてくれるようになります。

 

自己主張が出てくる時期でもあり、好き嫌いが出てくる子もいると思います。お野菜を嫌がるなら小さくしてハンバーグにしてみたりと形状を変えると目先が変わって食べてくれることもあるのでちょっとした工夫が必要です。

 

またこの時期は虫歯が心配になる時期でもあります。「ごちそうさま」を見極めて、お水やお茶でお口をすっきりさせて口の中を綺麗にして食事を終わりにしましょう。

 

食材に幅がでるので、いろいろな大きさや形で柔らかく調理したものを与えます。ママも選択肢が広がり、調理がしやすくなるはずです。

ただし、大人と同じ食材が食べられるといっても、辛いもの、味が濃いもの、脂っこいものは胃腸に負担がかかってしまいますのでまだまだ食べないようにしましょう。

添加物が入ったものや塩分糖分が多い食材も避けるようにしましょう。

 

 

 

パクパク期の食事の量の目安

赤ちゃんにも小食な赤ちゃんであったり食いしん坊の赤ちゃんであったり、個人差があります。

どれくらい食べるのが適量なのかというのはママにとっては悩むところかもしれません。

 

その時は、一回の食事につき、炭水化物・野菜・タンパク質を合わせてこども茶碗一杯程度を目安にすると良いです。

 

大人の食事の準備から少しずつ取り分けて準備できる量なので、大人の食事作りと並行して赤ちゃんの分も準備できるためスムーズです。

 

 

 

パクパク期に食べさせてはいけないNG食材と注意事項

ベビーカレンダーでは、管理栄養士とともに作った「離乳食あんしん基準」に沿ったレシピのみを紹介しています。

かなり様々な食材が食べられるようになっているこの時期の赤ちゃんですが、アレルギーなどの心配があることから、まだ与えてはいけない食材もあります。

 

食中毒の恐れがある生卵やお刺身は3才まで待っても良いでしょう。はちみつや精製工程が少ない黒糖もボツリヌス菌による食中毒が心配です。免疫力がしっかりしてくる1才までは避けましょう。

 

強いアレルギー症状が出やすくアナフィラキシーショックを起こすことがある食材として、そば、甲殻類、貝類、パパイヤやマンゴーやピーナッツがあります。

 

喉に詰まる恐れがあるので、もち米、もち、丸のままのミニトマトや豆類にとうもろこし、噛みづらいイカやタコ、ナッツも離乳食期は避け、しっかり噛んでからごっくんができるようになってからにしましょう。

 

そのほかの食材も、基本的には火を入れてから食べさせます。しっかりと加熱をし、赤ちゃんの様子を見ながら食べさせます。

 

 

まとめ

母乳やミルクだけだった赤ちゃんが誕生日を迎え、いよいよ「こども」になっていきます。

しっかり噛んで、食べるという単純なことですが、その後の食を支える大切な時期でもありますので、ステップを踏んで練習できるように調理の仕方や、食材などを工夫しましょう。

楽しく食べられるようベビーカレンダーの離乳食レシピを活用してみてください。

 

 


監修者:助産師 REIKO

医療短期大学専攻科卒業後、大学附属病院NICU・産婦人科病棟勤務、私立大学看護学部母性看護学助教を経て、現在ベビーカレンダーで医療系の記事執筆・監修に携わる。

 

 

 

 

 

◆離乳食完了期のレシピ

→離乳食完了期のレシピをもっと見る

 

 

◆生後9~10か月に関するQ&A

 

 

◆離乳食の体験談

助産師さんから『アレルギーが怖いのであまり早く始めず5ヶ月過ぎて6ヶ月ぐらいから始めるといい』と聞いていたので、よだれも多いし食べ物に興味がでてきた5ヶ月と12日から10倍がゆを始めました。2週目からにんじんやじゃがいも、ほうれん草などを1さじからはじめて3週目には豆腐や、白身魚をはじめました。わりと好き嫌いなく食べてくれました。スプーンにも慣れ離乳食はじめて1ヶ月たった頃から2回食にしました。最近はベビーフードなどにも頼りいろんなものを食べさせてます。今のところアレルギーないようで安心してます。

たいがママ さん

うちはアレルギー家系で、花粉症や食べ物アレルギー、薬アレルギーなど様々あるので、離乳食開始は七ヶ月ごろまで粘りました。下の子は、上の子が食べているのをみるとすごく羨ましそうな顔をするので、上の子よりは早めでしたが、聞いた話によると実は下の子になるにつれアレルギー危険度は増していくらしいですね。 三歳になると腸壁がしっかりしてくるので、生ものや家族にアレルギーのある食べ物については三歳までは控えていました。離乳食の食欲については、うちは上の子の時はお気に入りのぬいぐるみを隣において競争させるように食欲を煽っていましたが、下の子は上の子がいい競争相手になって、モリモリ食べてくれています。むしろ、早食い、大食いにならないように気をつけなければ!

ぽぽ さん

離乳食は1回食からはじまり、少しずつ色々な食材を食べさせていきました。最初は10倍がゆから始めました。1週間慣れたところで、野菜を少しずつ始めていき、果物も食べさせていきました。食べてくれるととても嬉しいもので明日は何を作ろうかなと考えるのが楽しかったです。だんだん食べる量も増えていきました。口周りや洋服が汚れてしまうので、その後始末がいつも大変でした。

そばかす さん

料理があまり得意でない私は、離乳食が始まって、手作りの1回食、2回食・・・のあたりでもう限界。3回食になった時点で、3回のうち1回は市販のベビーフードを使おう!と決めたとたん、フッと気持ちが楽になりました。その1食の中で、自分では作りにくい食材(レバーなど)も取れるし、品目も多く取れるので、気分的にもとても助かりました。手を抜いて、その分、ゆっくりと子どもと向き合う時間が取れたと思います。

あっちママ さん

 

その他の離乳食の体験談

 

◆助産師に相談しよう!(無料)

ベビーカレンダーでは助産師に相談ができます。知りたいことは助産師に質問してみましょう。会員登録は不要です。

2017/08/09


この記事にいいね!しよう

いいね!
11

現在ログインしていません。

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。