1歳〜1歳6カ月ごろの栄養バランスと献立の立て方

一汁二菜の献立が作りやすくなり、栄養バランスも整えやすくなる時期。多様な食材と味付けで、さまざまな食の体験ができるとよいですね。大人と同じ見た目のメニューが並ぶと、赤ちゃんも誇らしくうれしい気持ちになることでしょう。

体や脳を動かす

炭水化物

ごはん、パン、めんなどほとんどのものが使えます。食べやすい大きさに切ったり、持ちやすい形にします。

○ごはん ○パン
○うどん ○パスタ
○マカロニ ○ホットケーキ
○オートミール など

体の調子を整える

ビタミン・ミネラル素材

ビタミンやミネラルは、それぞれの働きが違います。いろいろな栄養がとれるように、なるべく多くの種類の素材を使いましょう。

○かぼちゃ ○白菜
○ブロッコリー ○トマト
○ほうれん草 ○バナナ
○キャベツ ○きのこ ○わかめ など

筋肉や血液をつくる

たんぱく質素材

ほとんどのものが食べられます。栄養素にはそれぞれ特徴があるので、3食なるべく違う食材になるようにしましょう。ベーコンには脂質・塩分・食品添加物が含まれるので少量を、はんぺんなどの加工品は、熱湯で塩抜きしてから与えるようにしましょう。

○大豆 ○油揚げ ○豆腐 ○白身魚 ○鮭
○あじ・さば ○はんぺん
○肉 ○レバー ○ハム ○ソーセージ ○プレーンヨーグルト ○チーズ ○卵 など

*そのほかの具体的な食品は、月齢別食べていいものダメなものにあります。

 

栄養バランスのいい献立の立て方

必要な栄養素などのほとんどを食事からとる時期ですが、大人と同じ食事にするのは早急。大人の味付けはこの時期の子どもには濃く、かむ力も弱いからです。ただし、大人の食事の調理中、薄味の段階で取り分けるのは手間も省けるのでおすすめ。食材を細かくしたり、子ども向けの味付けにしたりなど工夫をしてください。 

(1)主食:炭水化物から選ぶ

離乳食ではごはんのおかゆを主食にすると、合わせるメニューも自然とヘルシーな和食になります。パンやめん類には塩分が含まれているので、量や頻度には注意しましょう。

(2)主菜:たんぱく質素材から選ぶ

たんぱく質には豆腐などの「植物性」と、肉や卵などの「動物性」とがあります。はじめは脂肪分の少ない食材から慣らし、徐々に両方をバランスよく組み合わせてください。

(3)副菜:ビタミン・ミネラル素材から選ぶ

赤・黄・緑(緑黄色野菜)、白(淡色野菜)、黒(きのこ類・海藻)など見た目をカラフルにすると、栄養バランスも整いやすくなります。

ベビーカレンダー編集部

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

今すぐ使ってみよう

助産師に相談

ウェブ上で、直接助産師に相談ができるコーナーです。妊娠中や育児のお悩みや疑問を、助産師に、いつでも無料で相談できます!病院で聞くことができなかった疑問などに、経験豊富な助産師が丁寧にお答えします。


基礎知識

妊娠・出産・育児で知っておきたい情報を、記事としてまとめています。全ての記事は専門医の監修付きです。産婦人科医、小児科医はもちろん、アレルギー専門医まで。注意すべきことを的確にお伝えします。


Q&A

妊娠中の心配事や、出産や産後のママの体、生まれてきた赤ちゃんの悩みなどに、専門家がお答えするコーナーです。さまざまな質問と回答を掲載していますので、ご自身の状況が当てはまるケースを検索し、参考にしていただくことができます。