【離乳食後期】ツナとひじきの煎り豆腐

YURIthさんのレシピ
【離乳食後期】ツナとひじきの煎り豆腐

3

材料(2〜3人前(豆腐100g分))

木綿豆腐 100g
ひじき 2g
白ネギ 20g
ツナ缶(まぐろの油漬けのものを使用) 1/2缶(50g程度)
ツナ缶の汁 1/4缶ほど
枝豆 10粒程度
にんじん 10g
溶き卵 1/2個分
みりん 小さじ1
出汁(あらかじめひいておく) 大さじ1
薄口醤油 小さじ1
ごま油 適量

作り方

  1. 木綿豆腐をキッチンペーパーなどに包み、おもしをしてしっかり水切りする。
  2. ひじきは軽く水で洗い、たっぷりの水に浸して戻し、ザルにあけてみじん切りにする。
  3. 枝豆を茹で、薄皮までむいてからみじん切りにする。
  4. 白ネギ、にんじんもみじん切りにしておく。
  5. 鍋にごま油を敷いて熱し、2のひじきを炒める。枝豆、白ネギ、にんじんを加えて炒め、よく火を通す。
  6. ツナを汁ごと加える。(ツナ缶の汁は多すぎないよう量を調節する)1の豆腐を潰しながら加えて炒める。みりん、出汁を加えて軽く煮る。
  7. 薄口醤油で味を整え、煮汁が少なくなったら溶き卵を加えて混ぜる。卵にしっかり火が通ったら出来上がり。

YURIthさんのコメント

ヘルシーでご飯との相性も抜群! 冷蔵庫で3日間ほど美味しくいただけるので、常備菜にして、お弁当に入れてもいいですね。

プロフィール

離乳食は「楽しく! 美味しく! コスパ良く! 」をモットーに、たまに手を抜きながらマイペースに頑張る母ちゃんです。

YURIthさん (@YURIth0625)

ご利用になる前に

  • 赤ちゃんの食欲や発育・発達には個人差があります。月齢や進め方は目安です。赤ちゃんのようすをみながら離乳食をすすめてください。
  • 食物アレルギーのない赤ちゃんを対象にしています。アレルギーのリスクが疑われる場合や診断されている場合は、医師の指導にしたがってください。

副菜カテゴリの新着レシピ

ビタミン・ミネラル補給のため、野菜を中心とした副菜も別に添えることで、献立で食べる練習にもなっていきます。この時期、まだ野菜は加熱するほうが安心。生野菜は18か月以降にしましょう。野菜たっぷりのスープなどは食べやすく、水分補給としてもおすすめです。

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

今すぐ使ってみよう

助産師に相談

ウェブ上で、直接助産師に相談ができるコーナーです。妊娠中や育児のお悩みや疑問を、助産師に、いつでも無料で相談できます!病院で聞くことができなかった疑問などに、経験豊富な助産師が丁寧にお答えします。


基礎知識

妊娠・出産・育児で知っておきたい情報を、記事としてまとめています。全ての記事は専門医の監修付きです。産婦人科医、小児科医はもちろん、アレルギー専門医まで。注意すべきことを的確にお伝えします。


Q&A

妊娠中の心配事や、出産や産後のママの体、生まれてきた赤ちゃんの悩みなどに、専門家がお答えするコーナーです。さまざまな質問と回答を掲載していますので、ご自身の状況が当てはまるケースを検索し、参考にしていただくことができます。