生後1歳6カ月〜2歳

12

監修者

医師 小枝 達也 先生

小児科 | 国立研究開発法人国立成育医療研究センターこころの診療部長


鳥取大学医学部脳神経小児科入局。小児神経科、小児科、新生児医療、神経内科、障害児医療の研修を積み、オランダ政府奨学生としてアムステルダムライ大学小児科へ留学。その後、鳥取大学医学部講師、助教授を経て、鳥取大学教育学部教授に就任。その後、鳥取大学地域学部教授、鳥取大学附属小学校長(併任)、鳥取大学地域学部附属子どもの発達・学習研究センター長(併任)を歴任し、平成27年3月鳥取大学退職。平成27年4月より国立研究開発法人国立成育医療研究センターこころの診療部長に就任。平成29年4月より副院長併任。

 

 

■主な経歴

1984年 鳥取大学医学部卒業
1996年 鳥取大学 脳神経小児科助教授
1998年 鳥取大学教育学部教授
2004年 鳥取大学 地域学部教授
2015年 国立成育医療研究センターこころの診療部長

      鳥取大学名誉教授
2017年 同上 副院長併任

 

■専門領域

発達障害医学
神経心理学
小児保健学

 

■所属学会・委員等

日本小児科学会
日本小児神経学会 評議員
日本小児保健協会 副会長・常任理事
日本ADHD学会 常任理事
日本小児精神神経学会

 

■メディア履歴

【著書】
1.『ADHD,LD,HFPDD,軽度MR児保健指導マニュアル ちょっと気になる子ども達への贈りもの』 診断と治療社
2.『写真でみる乳幼児健診の神経学的チェック法』 南山堂
3.『5歳児健診 発達障害の診療・指導エッセンス』 診断と治療社
4.『育てにくさに寄り添う支援マニュアル』 診断と治療社
5.『育てにくさをもつ子どもたちのホームケア』 診断と治療社
6.『データで読み解く発達障害』 中山書店
7.『ライフライクルに沿った発達障害支援ガイドブック』 診断と治療社
【テレビ・ラジオ】
ラジオNIKKEI Medical Liblary 
NHKあさイチ ディスレクシア 出演

 

HP:ディスレクシア | 国立成育医療研究センター

1歳6カ月〜2歳

 

徐々に離乳食を卒業します。パパ、ママとほぼ同じものを食べるようになります。でも、まだ味の濃いものやスパイスたっぷりの料理は無理です。薄味、やわらかめで食べさせてあげましょう。

 

 

赤ちゃんの成長

男の子

・身長約77.2〜88.9cm

・体重約9200g〜12.8kg

 

女の子

・身長約75.6〜87.6cm

・体重約8500〜12.1kg

 

 

※身長体重は「平成22年度厚労省調査」から、男女別に10-90パーセンタイルの値を記載。10g単位は四捨五入しています。また、早産のお子様は修正月齢(出産予定日からの月齢)でお考えください。

 

・小走りをするように

・早い子では二語文を話せることも

・視力が0.4程度に

一段ずつ足をそろえながら階段上りができるようになります。道でも小走りしてみたり、ステップを踏むような動きを見せたり、動きのバリエーションを楽しんでいます。言葉の発達の早い子は、「ママ、ちょーだい」「ワンワン、いた」など二語文が出てくることもあります。ママもゆっくりと、子どもの目を見ながら話すとかなり内容を理解します。目や口などの体の部位を指差しすることができるのも重要な発達のポイントです。

 

 

生活リズム

・よく遊び、よく食べ、よく眠る

・着替えや片付けの習慣をつける

・あいさつを教える

 

寝たり起きたりする時間も決まり生活にリズムができます。でも、お昼寝はしたりしなかったりですが、無理に寝かせることもありません。早寝早起きを習慣づけるようにしましょう。朝起きたときに顔を拭いて着替える、外遊びから帰ったときや食事の前は手を洗いうがいをする、食後は口をゆすいだり歯みがきすることを日課にしましょう。「いただきます」「ごちそうさま」などの言葉も教えてあげましょう。これらができるようになったらうんとほめてあげてください。パパ、ママのエールがあれば子どもはどんどんいいことを吸収します。

 

 

おっぱい・ミルク・離乳食

離乳食は卒業

・幼児食へ移行

・卒乳をしましょう

 

パパ、ママとほぼ同じものを食べるようになります。でも、まだ味の濃いものやスパイスたっぷりの料理は無理です。薄味、やわらかめで食べさせてあげましょう。この時期の子どもはうっかりすると丸のみしてしまったり、スープやフルーツなど水っぽいものだけでおなかいっぱいにしてしまうなど、食べ方には子どもによって個人差があります。離乳食のときのメニューを、もう一度食べさせてあげるのも方法です。

 

幼児食が始まります

1日に必要なエネルギーは1,050~1,200kcal。幼児食のエネルギーはママの半分。でも、胃袋はちっちゃく、ママの5分の1しかありません。この時期は、「おやつ」がカロリーを満たす大切な役割を果たします。さつまいもやパンなどの穀物、ビタミンが豊富な果物、消化によく栄養もたっぷりなヨーグルトやチーズなどが"優秀"なおやつとしておすすめです。量にあまりこだわらずバランスよく大切なのは栄養のバランス。たくさんじゃなくても、少しずついろんな食品を食べられるように、メニューを工夫しましょう。大人の食事から取り分けるときは、味はごく薄味にします。

調理中、味つけをする前に幼児食だけ別のお鍋に移せば手間がかかりませんね。この頃から、好き嫌いが少しずつ出てきます。嫌いなものも、小さく刻んだりかわいい型抜きを使うと、食べることも。

 

 

この時期のポイント

 

1歳6カ月児健診へ行きましょう

一人歩きや物をつかんだり、ページをめくったりできるか、意味のある単語を話すかなどが健診のポイント。歯科健診も同時に行う自治体もありますので、歯の磨き方などをしっかりマスターしておきましょう。歯みがきをしましょうまだ1~2本ならガーゼでふいてあげるだけでもOKですが、徐々に歯ブラシに慣れる習慣をつけましょう。子ども用歯ブラシや歯間ブラシで、ていねいに食べかすを取り除きます。ブラッシングあとはうがいも忘れずに。

 

 

運動の発達には個人差があります

まだ、歩くことが上手にできない子もいます。子どもの発達には個人差があるので心配いりません。家の中では歩くのに、お外に出ると歩かないという場合は、車の騒音が怖い、道が歩きにくい、などの理由が考えられます。また、靴が足にあっているかどうかも重要なポイントです。一度チェックしてあげましょう。

 

 

おしゃべりにも個人差があります

知っている言葉の多い子を「言葉が発達している」と考えるママが多いようですが、それはあまり関係ありません。むしろ大人のいうことをどれくらい理解できるかが大切なのです。コップを差し出して「ミルク飲む」と聞いたときに「うん」とうなずいたり、なんらかのサインを出せば問題はありません。他の子と比べたり、強制的に言葉を教え込もうとするのはやめましょう。言葉の間違いを無理に直すのもタブーです。自然に楽しく覚えられるようパパ、ママが積極的に話しかけてみましょう。

 

 

【TODOリスト】

□1歳6カ月健診を受ける

離乳食を卒業し幼児食へ

卒乳をしよう

歯磨きをする

□しつけをはじめる

おむつはずれを始める

 

 

(監修/小枝達也先生)

 

 

2015/07/09


この記事にいいね!しよう

いいね!
12

現在ログインしていません。

コメント

  • この記事にコメントする

    残り文字

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。