ベビカレアプリで見る
ベビーカレンダー

9/26 Sun

プレゼント

メニュー

閉じる

ログイン

雑穀サラダ

0

雑穀サラダ

栄養価(1食分)

カロリー
107kcal
脂質
0.7g
たんぱく質
10.1g
葉酸
91μg
0.7mg
亜鉛
0.8mg
カルシウム
31mg
ビタミンA
400μg
ビタミンC
35mg
ビタミンD
0.0μg
ビタミンE
0.0mg
ビタミンB1
0.10mg
ビタミンB2
0.12mg
n-3脂肪酸
0.0g
炭水化物
15.5g
食物繊維
2.6g

材料(1食分)

雑穀米 大さじ1
ラディッシュ 25g
ブロッコリー 20g
セロリ 10g
コーン 10g
ささ身 20g
イタリアンドレッシング 小さじ2

作り方

  1. 雑穀米は下茹でし、冷やしておく。
  2. レタスは一口大、ラディッシュはスライス、ブロッコリーは小房に分け下茹でする。
  3. ささみは、筋を取り、鍋で酒蒸しし、冷やし、さいておく。
  4. ①と③をイタリアンドレッシングで和えておく。
  5. お皿にレタス、ブロッコリーをちらし、上から⓸をかけ、コーンをもりつける。
雑穀は、食物繊維やビタミンも含まれます。 ささ身は酒蒸しをすることでパサつきにくくなります。

NPO法人母子栄養懇話会さんのコメント

~便秘対策に~
雑穀は下茹でして、ドレッシングにつけておくことで味が染み込みます。

妊娠初期(〜12週ころまで)におけるビタミンAの過剰摂取について

NPO法人母子栄養懇話会

妊娠中の食事のビタミンAを摂る新着レシピ

ビタミンAは細胞や器官の形成に深くかかわっています。身体の発育を促したり、肌の健康を維持したり、喉や鼻の粘膜に働いて細菌から身体を守るなど、さまざまな重要な役割を担っています。

妊娠中の食事のビタミンCを摂る新着レシピ

ビタミンCは、体の細胞と細胞を結ぶコラーゲンというたんぱく質を作る栄養素です。強い抗酸化作用があり、有害な活性酵素から身体を守る働きをします。肌や粘膜の健康を維持したり、動脈硬化などの予防にも効果があります。

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)