妊娠中期(妊娠5〜7カ月)

3

監修者

医師 池谷 美樹 先生

産婦人科 | 横浜市立みなと赤十字病院産婦人科 副部長


岐阜大学卒業、日本赤十字社医療センターで初期研修後、同センター常勤医師として勤務、東京慈恵医科大学産婦人科講座入局、博士号取得、国立成育医療研究センター周産期診療部勤務、日本赤十字社医療センター産婦人科勤務を経て、現在は横浜市立みなと赤十字病院産婦人科 副部長。

 

■主な経歴

平成6年 岐阜大学卒業、日本赤十字社医療センターで初期研修後、同センター常勤医師として勤務

平成14年 東京慈恵医科大学産婦人科講座入局、

平成20年 博士号取得

平成21年 国立成育医療研究センター周産期診療部勤務

平成24年 日本赤十字社医療センター産婦人科勤務

平成28年4月 横浜市立みなと赤十字病院産婦人科 副部長

 

■所属学会

日本産科婦人科学会

日本周産期新生児学会

日本糖尿病

妊娠学会

日本産科婦人科栄養

代謝研究会など

 

■専門医

日本産科婦人科学会専門医

周産期専門医(母体・胎児)

 

■HP横浜市立みなと赤十字病院産婦人科

 

 

安定期に入る頃です。つわりから解放され食欲がわいてきます。同時に体重管理も始まるので、栄養バランスとカロリーを考えたメニューを心掛けます。マタニティスイミングやウォーキングなど無理のない運動などを始めるのもよいでしょう。

 


出産後も仕事を続ける場合は託児所などを調べ始めておくとよいでしょう。性生活は経過が順調であれば可能ですが、腹部を圧迫しないように気をつけましょう。産院は妊娠5カ月くらいまでには確定しておいたほうがよいでしょう。それまでの病院に納得がいかない場合は、思い切って病院を変えてみてもいいと思います。産院によって出産の仕方はさまざまですのでよく研究して決定しましょう。


安定期には自治体や病院で主催される母親学級に参加してみましょう。妊娠から産後までの生活指導が幅広く受けられ、プレママ仲間にも会えるので収穫はたくさんあります。妊娠24週になると定期健診が2週間に1回になります。おなかが大きくせり出してくるので足腰が疲れる時期です。リラックスできる時間を増やしましょう。また、いざというときのために入院できるような準備もそろそろ考え始めましょう。

 

 

妊娠5カ月ごろのポイント

  • ・ふっくらプレママ体形に
  • ・定期健診の項目が増えます
  • ・赤ちゃんの動きがはっきり判ります
  • ・胎動が始まることもあります
  • ・乳房が大きくなります
  • ・胃がもたれることもあります

 

 

妊娠6カ月ごろのポイント

  • ・胎動が盛んになります
  • ・足がつりやすくなります
  • ・授乳の準備はほぼ完了
  • ・乳房はますます大きくなります
  • ・心身ともに安定します
  • ・体重が増えやすい時期です

 

 

妊娠7カ月ごろのポイント

  • ・静脈瘤が現れやすくなります
  • ・大きなおなかが苦しくなります
  • ・早産に気をつけましょう
  • ・妊娠陣痛があります
  • ・感染症が再発しやすい状態になります

 

(監修/天神尚子先生)

 

 

妊娠中期、何が必要?お買い物ガイド[PR]

 

 

2015/07/08


この記事にいいね!しよう

いいね!
3

現在ログインしていません。

助産師に相談しよう!(無料)

ベビーカレンダーでは助産師に相談ができます。
知りたいことは助産師に質問してみましょう。
会員登録は不要です。

コメント

  • この記事にコメントする

    残り文字

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。