妊娠7カ月(妊娠24〜27週)

4

監修者

医師 池谷 美樹 先生

産婦人科 | 横浜市立みなと赤十字病院産婦人科 副部長


岐阜大学卒業、日本赤十字社医療センターで初期研修後、同センター常勤医師として勤務、東京慈恵医科大学産婦人科講座入局、博士号取得、国立成育医療研究センター周産期診療部勤務、日本赤十字社医療センター産婦人科勤務を経て、現在は横浜市立みなと赤十字病院産婦人科 副部長。

 

■主な経歴

平成6年 岐阜大学卒業、日本赤十字社医療センターで初期研修後、同センター常勤医師として勤務

平成14年 東京慈恵医科大学産婦人科講座入局、

平成20年 博士号取得

平成21年 国立成育医療研究センター周産期診療部勤務

平成24年 日本赤十字社医療センター産婦人科勤務

平成28年4月 横浜市立みなと赤十字病院産婦人科 副部長

 

■所属学会

日本産科婦人科学会

日本周産期新生児学会

日本糖尿病

妊娠学会

日本産科婦人科栄養

代謝研究会など

 

■専門医

日本産科婦人科学会専門医

周産期専門医(母体・胎児)

 

■HP横浜市立みなと赤十字病院産婦人科

 

妊娠7カ月です。大きなお腹で毎日の生活が大変になります。一方、お腹の中の赤ちゃんは体の機能が発達して、羊水の中で元気にぐるぐると動き回ります。

 

 

赤ちゃんの成長

脳が発達し、自分で体の向きをクルッと変えるなど運動機能が備わってきます。まぶた、鼻の穴ができます。まばたきをしたりも。外界の音はさらに聞こえているようです。

 

 

ママの体の変化

子宮底の高さはおへそよりも上に上がり、おなかのふくらみも大きくなります。胎動がますます強くなり、外側から手をあてても判るようになります。妊娠線がおなかに現れてきます。胸に出てくることもあります。今からのケアでも遅くないので、クリーム等での保湿をしましょう。

 

TODOリスト

バランスの良い食生活を心がける

□塩分を控えよう

立ち会い出産について考えよう

□赤ちゃんとのコニュニケーションを楽しもう

妊娠線ケアを念入りに

早産に注意

□美容院に行っておく

 

 

 

 

(監修/池谷美樹先生)

 

妊娠中期、何が必要?お買い物ガイド[PR]

 

 

 

2015/07/07


この記事にいいね!しよう

いいね!
4

現在ログインしていません。

助産師に相談しよう!(無料)

ベビーカレンダーでは助産師に相談ができます。
知りたいことは助産師に質問してみましょう。
会員登録は不要です。

コメント

  • この記事にコメントする

    残り文字

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。