【離乳食初期】ほうれん草のおかゆ

【離乳食初期】ほうれん草のおかゆ

24

材料

ごはん 大さじ1
大さじ5
ほうれん草 葉先1/2枚

作り方

  1. 普通の水加減で炊いたごはんをみじん切りにします
  2. ふたのできる鍋に刻んだごはんと分量の水を入れて軽くほぐして火にかけます。
  3. 沸騰したらふたをしてとろ火で20分煮ます。水気がなくなれば途中で少しずつ足します。
  4. 火を止めて5分ほど蒸らします。
  5. ほうれん草はやわらかくゆでて水にさらして細かく刻みます。
  6. 熱いうちに1と2を混ぜあわせてすりつぶします。
おかゆは少量よりもまとめて作ることで作りやすくなります。

ベビーカレンダーさんのコメント

おかゆはまとめて作って小分けにしフリージングしておくと便利。ほうれん草はアクが強いので、水にさらしてから使います。

ご利用になる前に

  • 赤ちゃんの食欲や発育・発達には個人差があります。月齢や進め方は目安です。赤ちゃんのようすをみながら離乳食をすすめてください。
  • 食物アレルギーのない赤ちゃんを対象にしています。アレルギーのリスクが疑われる場合や診断されている場合は、医師の指導にしたがってください。

初期(5〜6カ月ごろ)カテゴリの新着レシピ

食べ物をじっと見たり、そのときによだれが多くなったり、と、食べ物に興味を示しだしたら離乳食スタート。スプーンなどを口に入れても舌で押し出すことが少なくなるのも目安の一つ。10倍かゆ(米)をすりつぶしたものから、様子を見つつ1日1回小さじ1から始めましょう。

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

今すぐ使ってみよう

助産師に相談

ウェブ上で、直接助産師に相談ができるコーナーです。妊娠中や育児のお悩みや疑問を、助産師に、いつでも無料で相談できます!病院で聞くことができなかった疑問などに、経験豊富な助産師が丁寧にお答えします。


基礎知識

妊娠・出産・育児で知っておきたい情報を、記事としてまとめています。全ての記事は専門医の監修付きです。産婦人科医、小児科医はもちろん、アレルギー専門医まで。注意すべきことを的確にお伝えします。


Q&A

妊娠中の心配事や、出産や産後のママの体、生まれてきた赤ちゃんの悩みなどに、専門家がお答えするコーナーです。さまざまな質問と回答を掲載していますので、ご自身の状況が当てはまるケースを検索し、参考にしていただくことができます。