ベビカレアプリで見る
ベビーカレンダー

5/10 Mon

プレゼント

メニュー

閉じる

ログイン

ボリュームたっぷり!5食どん

1

ボリュームたっぷり!5食どん

栄養価(2食分)

カロリー
548kcal
脂質
17.7g
たんぱく質
23.2g
葉酸
190μg
3.1mg
亜鉛
3.8mg
カルシウム
92mg
ビタミンA
630μg
ビタミンC
31mg
ビタミンD
1.3μg
ビタミンE
2.2mg
ビタミンB1
0.54mg
ビタミンB2
0.56mg
n-3脂肪酸
0.1g
炭水化物
70.5g
食物繊維
4.6g

材料(2食分)

にんじん 100g
ほうれん草 100g
もやし 100g
A 鶏がらスープ粉末 小さじ1
A ごま油 小さじ1
A 塩こしょう 少々
豚挽き肉 100g
ネギ 50g
炒め油 少々
B めんつゆ3倍濃縮タイプ 小さじ2
B おろししょうが 小さじ1
ご飯 茶碗2杯分
温泉卵(またはゆで卵や炒り卵)※熱湯に卵15分入れて温泉卵完成 2個
のり 少々
ごま 少々

作り方

  1. にんじんはピーラーで薄切り、ほうれん草は5㎝くらいの長さに切る。ネギはあらみじんにする。
  2. もやし、にんじん、ほうれん草はシリコン容器にいれレンジで加熱しAで和える。
  3. フライパンでひき肉、ネギを炒めBで味をつける。
  4. 丼にご飯、②、③、温泉卵を彩りよくのせて完成。
  5. ゴマやのりを散らしてもよい。
野菜をたっぷり使っているので1品で1食分の野菜120gがしっかりとれます。卵、ひき肉、ほうれん草と鉄、葉酸の多い食材で貧血予防に♪体重が気になる方はご飯を100g減らして、もやし挽肉プラスしてみましょう。

NPO法人母子栄養懇話会さんのコメント

~貧血予防に~調理時間が短くて楽チンどんぶり。野菜の和え物と挽肉炒めは沢山作って常備菜にしておりても◎

妊娠初期(〜12週ころまで)におけるビタミンAの過剰摂取について

NPO法人母子栄養懇話会

妊娠中の食事の鉄を摂る新着レシピ

鉄は、体内で酸素を運ぶ役割を担っています。鉄が欠乏すると酸素の供給が不十分、いわゆる酸欠となって疲れや立ちくらみが起こったり、血流が滞り冷え性や、肩こりや腰痛の原因になります。

妊娠中の食事のビタミンAを摂る新着レシピ

ビタミンAは細胞や器官の形成に深くかかわっています。身体の発育を促したり、肌の健康を維持したり、喉や鼻の粘膜に働いて細菌から身体を守るなど、さまざまな重要な役割を担っています。

妊娠中の食事のビタミンCを摂る新着レシピ

ビタミンCは、体の細胞と細胞を結ぶコラーゲンというたんぱく質を作る栄養素です。強い抗酸化作用があり、有害な活性酵素から身体を守る働きをします。肌や粘膜の健康を維持したり、動脈硬化などの予防にも効果があります。

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)