妊娠28週(妊娠8カ月)【医師監修】赤ちゃんの成長、ママの体の変化・症状・注意点

この記事の監修者

医師池谷 美樹 先生
産婦人科 | 横浜市立みなと赤十字病院産婦人科 副部長

岐阜大学卒業、日本赤十字社医療センターで初期研修後、同センター常勤医師として勤務、東京慈恵医科大学産婦人科講座入局、博士号取得、国立成育医療研究センター周産期診療部勤務、日本赤十字社医療センター産婦人科勤務を経て、現在は横浜市立みなと赤十字病院産婦人科 副部長。

 

 

妊娠8ヶ月、いよいよ妊娠後期です。お腹が大きくせり出し、足元が見えにくくなるので転倒に注意を。仰向けに寝ると苦しくなる頃です。横向きに寝て、上の足を曲げて倒した「シムスの体位」で休むと楽になります。

 

 

赤ちゃんの成長

  • ・身長は約36cm
  • ・重さは約1200g

 

胎児の体重が1kg以上になります。羊水の量もいちばん多い時期です。赤ちゃんの記憶力や感情も芽生えるころと言われています。たくさん話しかけてあげましょう。

 

ママの体の変化

  • ・子宮底が30cmくらいに
  • ・動機や息切れが激しくなります

 

24週から定期健診の回数が増え、2週間に1度のペースになります。妊娠高血圧症候群や早産の予防、胎児の発育チェックなどが健診のポイントとなってきます。子宮底はおへそからみぞおちの間くらいまで上がります。

 

 

 

 

栄養や食生活

妊娠後期の1日のエネルギー摂取量は2000〜2500kcalが目安です。後期になると赤ちゃんの体も大きくなるので、良質なたんぱく質を摂ることが大切。豆腐、納豆、牛肉などが食材ととしてはおすすめです。動物性と植物性のものをいっしょに食べましょう。

 

 

この時期のポイント

 

入院準備をはじめましょう

分娩する産婦人科によって準備するものは異なりますので、よく確認しましょう。必ず必要なものは、母子健康手帳、健康保険証、診察券、印鑑です。これらはひとまとめにし、家族の目にとまるところにおいておけば安心です。

 

 

マタニティフォトを撮ろう

おなかが大きくなってきたらマタニティフォトを記念に残してみませんか?おなかの大きさが目立つのは臨月に入ってからですが、万が一、撮影前に出産になってしまったということもあります。妊娠8〜9カ月頃にとっておくのがベストでしょう。

 

 

退院のときのママと赤ちゃんのウェアは?

退院の日は記念撮影をしたりすることが多いです。普段着でもいいですが、赤ちゃんもママも少しおめかし着でもいいですね。産後すぐはまだ子宮が膨らんだ状態なので、妊娠前の洋服はきついことが多いです。ゆったりとしたものか、おしゃれなマタニティウェアを1つ持っておくといいでしょう。

 

 

この時期のトラブル

 

早産に気をつけましょう

早産とは、妊娠22週以降37週未満に出産になった場合を言います。妊娠22週を過ぎれば、万が一出産になっても赤ちゃんが育つことは可能ですが、早ければ早いほど大変です。安定期だからといって安心せずに、なるべく早産を防げるように、おなかの痛みや出血など、小さなサインも見逃さないようにしましょう。

 

 

TODOリスト

バランスの良い食生活を心がける

マタニティエクササイズなど運動をする

□塩分を控えよう

お産入院の準備をしよう

 

 

(監修/池谷美樹先生)

 

専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

妊娠中に見ておきたい動画
もっと見る
あわせて読みたい記事
もっと見る