生後4〜5カ月

42

監修者

医師 小枝 達也 先生

小児科 | 国立研究開発法人国立成育医療研究センターこころの診療部長


鳥取大学医学部脳神経小児科入局。小児神経科、小児科、新生児医療、神経内科、障害児医療の研修を積み、オランダ政府奨学生としてアムステルダムライ大学小児科へ留学。その後、鳥取大学医学部講師、助教授を経て、鳥取大学教育学部教授に就任。その後、鳥取大学地域学部教授、鳥取大学附属小学校長(併任)、鳥取大学地域学部附属子どもの発達・学習研究センター長(併任)を歴任し、平成27年3月鳥取大学退職。平成27年4月より国立研究開発法人国立成育医療研究センターこころの診療部長に就任。平成29年4月より副院長併任。

 

 

■主な経歴

1984年 鳥取大学医学部卒業
1996年 鳥取大学 脳神経小児科助教授
1998年 鳥取大学教育学部教授
2004年 鳥取大学 地域学部教授
2015年 国立成育医療研究センターこころの診療部長

      鳥取大学名誉教授
2017年 同上 副院長併任

 

■専門領域

発達障害医学
神経心理学
小児保健学

 

■所属学会・委員等

日本小児科学会
日本小児神経学会 評議員
日本小児保健協会 副会長・常任理事
日本ADHD学会 常任理事
日本小児精神神経学会

 

■メディア履歴

【著書】
1.『ADHD,LD,HFPDD,軽度MR児保健指導マニュアル ちょっと気になる子ども達への贈りもの』 診断と治療社
2.『写真でみる乳幼児健診の神経学的チェック法』 南山堂
3.『5歳児健診 発達障害の診療・指導エッセンス』 診断と治療社
4.『育てにくさに寄り添う支援マニュアル』 診断と治療社
5.『育てにくさをもつ子どもたちのホームケア』 診断と治療社
6.『データで読み解く発達障害』 中山書店
7.『ライフライクルに沿った発達障害支援ガイドブック』 診断と治療社
【テレビ・ラジオ】
ラジオNIKKEI Medical Liblary 
NHKあさイチ ディスレクシア 出演

 

HP:ディスレクシア | 国立成育医療研究センター

 

体重はあまり増えず、体つきがしっかりしてくる時期です。首は4カ月でほぼすわり、抱き上げたときにガクンとならないようになります。声の出し方にもバリエーションが増え始めます。夜たっぷり寝て、昼は活動的にと、生活にメリハリが出てきます。

 

 

赤ちゃんの成長

男の子

・身長約61.3〜67.2cm

・体重約6200〜8300g

 

女の子

・身長約59.9〜65.7cm

・体重約5800〜7700g

 

※身長体重は「平成22年度厚労省調査」から、男女別に10-90パーセンタイルの値を記載。10g単位は四捨五入し

ています。また、早産のお子様は修正月齢(出産予定日からの月齢)でお考えください。

 

・首がすわる

・喃語(なんご)の種類が増える

・手足の動きが活発になる

・手に触れたものを握るようになる

 

4カ月になると喃語(なんご)という赤ちゃんのおしゃべりが始まります。「あうー」などその種類も豊富に。首もすわり、たて抱きしてもグラグラしなくなります。運動機能がめざましく発達する時期でもあり、足で布団を蹴るなど動きが活発になります。手を握っていても、物が触れると手を開いて握り返したりもします。

 

 

生活リズム

朝起きて夜寝ることが習慣に

・おっぱいやミルクの回数も減る

 

生活リズムを整える時期です。赤ちゃんと一緒にパパやママも早寝早起きの生活サイクルにしましょう。起床、食事、お昼寝、お風呂をほぼ毎日同じ時間にすることが大切です。まずは起床の時間を決め、朝起きたら着替えをし、顔を拭くなどの習慣をつけると、赤ちゃんも1日の始まりがわかってきます。次に、毎日30分ほどのお散歩と決まった時間の入浴が習慣となれば、夜ぐっすり眠ってくれることも増えてきます。

 

 

おっぱい・ミルク

・授乳回数は1日5〜6回

・大人の食事を見せよう

 

授乳の間隔が決まり、1日5〜6回くらいになります。母乳の場合はもう少し数が多いことも。離乳食はまだ先ですが、興味を持たせるために、大人の食事を見せてあげて「おいしいよ」と声をかけてあげるといいでしょう。離乳の開始する時期は5~6カ月頃が適当です。

 

 

この時期のポイント

 

首がすわるってどういうこと?

首すわりとは、首で頭を支えられる状態になること。赤ちゃんの頭に手をあてずにたて抱きをした時に首がぐらぐらしないこと。仰向けで寝た状態から、両腕を持ってゆっくり引き起こすと、頭と体が一緒に起き上がることを言います。

 

 

よだれは成長のしるし

新生児期には少なかった唾液の分泌量が増えて、よだれが多くなります。ところがまだ赤ちゃんは上手に飲み込むことができないので、タラタラとたらしてしまうのです。泣き方で赤ちゃんの感情が分かるようにこの時期になると「泣く」行為にもいろいろな意味が含まれてきます。これまでの「おなかがすいた」「うんち」といった生理的欲求に加え、「ママどこ~?」「抱っこ」などの甘えを訴えた泣き声、あるいは「早く!」など強い感情が込められている泣き声があるのがわかるようになります。

 

 

パパと赤ちゃん二人で過ごしてみよう

おっぱいやミルクの間隔が開きはじめたら、ママのリフレッシュも兼ねて、パパに赤ちゃんのお世話をお任せしましょう。慣れていない場合は、おむつ替えの方法を教えてあげると、2〜3時間は大丈夫。パパと赤ちゃんにもっと仲良くなってもらいましょう。

 

 

赤ちゃんといっしょに遊ぼう

笑ったり、泣いたり、なにかをみつけてじっとみつめたり、この時期の赤ちゃんは日を追うごとに情緒が発達してきます。あやすと「にっこり」笑っていたのが、いつの間にか声を立てて笑うようになりびっくりすることもあります。好奇心も旺盛になってくるので、おもちゃを見ると手をのばしてつかみ顔の前に持っていったりします。赤ちゃんは遊ぶことでますます五感を発達させるのです。

 

 

予防接種は順調ですか?

定期接種は指定された年齢の範囲内で行えば無料です。母子健康手帳には予防接種のスケジュールが掲載されているので、必ず読んでおきましょう。体調を崩してスケジュールが崩れてしまうことはよくあること、かかりつけの医師と相談して、受け漏れのないようにしましょう。

 

 

TODOリスト

生活リズムを整える

予防接種のスケジュールを確認する

□毎日30分ほど散歩をする

UVケアや虫除け対策を(5〜9月)

 

 

(監修/小枝達也先生)

 

2015/07/08


この記事にいいね!しよう

いいね!
42

現在ログインしていません。

コメント

  • この記事にコメントする

    残り文字

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。