7~8カ月ごろの食材と栄養バランス

主食・主菜・副菜という組み合わせも、少しずつ意識していきましょう。この時期になると、鶏ささみや鶏ひき肉など主菜で使える食材も増えてきて、メニューの幅も広がります。

体や脳を動かす

炭水化物素材

○ごはん ○うどん ○パン ○そうめん ○オートミール
○マカロニ ○パスタなど ○さつまいも など 

お米・パン・うどんのおかゆのほかに、コシの強いパスタ類も食べられるように。パスタは弾力があるため、やわらかくゆでて小さく刻みましょう。

体の調子を整える

ビタミン・ミネラル素材

○アスパラガス ○なす ○とうもろこし ○キャベツ ○ブロッコリー
○きゅうり ○オクラ ○キウイ ○青のり など

ビタミンやミネラルは、それぞれの働きが違うので、なるべく多くの種類をとることが大切です。海藻も食べられるようになります。

筋肉や血液をつくる

たんぱく質素材

○鮭 ○プレーンヨーグルト ○鶏ささみ ○卵 ○鯛
○高野豆腐 ○きな粉 ○納豆 など

食べられるものが増えますが、初めての食材は1さじ程度から。パサパサするものは、飲み込みやすくするためにとろみをつけるなどの工夫をしましょう。

*そのほかの具体的な食品は、月齢別食べていいものダメなものにあります。
 
ベビーカレンダー編集部

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

今すぐ使ってみよう

助産師に相談

ウェブ上で、直接助産師に相談ができるコーナーです。妊娠中や育児のお悩みや疑問を、助産師に、いつでも無料で相談できます!病院で聞くことができなかった疑問などに、経験豊富な助産師が丁寧にお答えします。


基礎知識

妊娠・出産・育児で知っておきたい情報を、記事としてまとめています。全ての記事は専門医の監修付きです。産婦人科医、小児科医はもちろん、アレルギー専門医まで。注意すべきことを的確にお伝えします。


Q&A

妊娠中の心配事や、出産や産後のママの体、生まれてきた赤ちゃんの悩みなどに、専門家がお答えするコーナーです。さまざまな質問と回答を掲載していますので、ご自身の状況が当てはまるケースを検索し、参考にしていただくことができます。