5~6カ月ごろの1回の目安量

とろとろのポタージュ状にした10倍がゆを赤ちゃんスプーン1さじからはじめます。2~3日は同じ食材をあげて慣れさせます。3~4日かけて小さじ3ぐらい、1カ月で小さじ10程度まで、少しずつ量を増やしていきます。

はじめての離乳食は10倍がゆから

<炭水化物素材>

裏ごししてなめらかにすりつぶした10倍がゆを赤ちゃんスプーン1さじから与え、3~4日かけて小さじ3程度に増やします。慣れてきたら、いも類やパンがゆやうどんがゆなどを赤ちゃん用スプーン1さじから、徐々に増やしていきます。

 

10倍がゆのイメージ

後半になったら、少し水分を減らして、つぶ感が残る程度にします。1カ月をすぎたころ、小さじ10程度が目安です。
1c25c90066395bd3be3e8aa43b555485  

離乳食をはじめて1週間ほど経ち、おかゆに慣れてきたら

<ビタミン・ミネラル素材>を加える

最初はすりつぶして裏ごしをしてなめらかにしたものを赤ちゃん用スプーン1さじから。ゆで汁、だし汁などでのばして。1カ月をすぎたころは小さじ10程度を目安にし、野菜・果物20gを超えない程度まで少しずつ増やしていきます。また徐々に水分を減らしてヨーグルト状にしていきます。

にんじん Fc83e1f8f491b44d3b1b4f9f8833f47d

ほうれん草E45c1d4ed9378ae2dd515fc4c9e5d398

かぼちゃ802961d4e59ba5f6b7d6587577f3a468

離乳食をはじめて1カ月ほど経ち、おかゆや野菜に慣れてきたら

<たんぱく質素材>を加える

豆腐・白身魚・卵黄などを赤ちゃん用スプーン1さじ(卵は耳かき1さじ)から、少しずつ増やしていきます。豆腐はすりつぶしてとろとろに。白身魚 はすりつぶし、とろみをつけて飲み込みやすく。卵黄はかたゆでしたものをすりつぶし、とろみをつけて、水分でのばして。

豆腐:赤ちゃん用スプーン1さじから30gを超えない程度までDff817aaa36b64848b80ce1b8f67cda9

or

白身魚:赤ちゃん用スプーン1さじから10gを超えない程度まで05e74427ca8cb7533eae150f54cb79eb

or

卵黄:耳かき1さじから卵黄1個を超えない程度まで

 
 
*具体的な食品は、月齢別食べていいものダメなものをご参照ください。
 
※進め方や食材の量は目安として参考にしてください。赤ちゃんの食欲や発育・発達には個人差があるので、ようすを見ながら進めていきましょう。
ベビーカレンダー編集部

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

今すぐ使ってみよう

助産師に相談

ウェブ上で、直接助産師に相談ができるコーナーです。妊娠中や育児のお悩みや疑問を、助産師に、いつでも無料で相談できます!病院で聞くことができなかった疑問などに、経験豊富な助産師が丁寧にお答えします。


基礎知識

妊娠・出産・育児で知っておきたい情報を、記事としてまとめています。全ての記事は専門医の監修付きです。産婦人科医、小児科医はもちろん、アレルギー専門医まで。注意すべきことを的確にお伝えします。


Q&A

妊娠中の心配事や、出産や産後のママの体、生まれてきた赤ちゃんの悩みなどに、専門家がお答えするコーナーです。さまざまな質問と回答を掲載していますので、ご自身の状況が当てはまるケースを検索し、参考にしていただくことができます。