かぶの豆乳グラタン

かぶの豆乳グラタン

0

栄養価(1食分)

カロリー
620kcal
脂質
37.8g
たんぱく質
33.0g
葉酸
154μg
4.3mg
亜鉛
3.5mg
カルシウム
266mg
ビタミンA
372μg
ビタミンC
39mg
ビタミンD
0.6μg
ビタミンE
0.0mg
ビタミンB1
0.25mg
ビタミンB2
0.42mg
n-3脂肪酸
0.6g
炭水化物
31.7g
食物繊維
5.7g

材料(1食分)

かぶ 100g
かぶの葉 15g
玉葱 45g
人参 25g
鶏もも 100g
しめじ 20g
バター 15g
薄力粉 14g
豆乳 150g
●だし汁 25g
●白味噌 大さじ1
●塩こしょう 少々
●顆粒だしの素 小さじ1/2
●酒 15g
サラダ油 適量
ピザ用チーズ 20g

作り方

  1. オーブンを200℃に予熱する。かぶと人参は乱切りにし、下茹でする。
  2. 玉ねぎは、太めのスライスしておく。
  3. 鶏ももは、食べやすい大きさに切り、酒と塩こしょうで下味をつける。
  4. フライパンに、油を熱し、鶏ももと玉葱としめじを入れ炒める。
  5. 別の鍋に、バターを入れ溶けたら、薄力粉を入れ、豆乳をだまが出来ないようにいれていく。
  6. 分量のだし汁に味噌を溶いたものを⑤に入れ、顆粒だしを入れる。
  7. ①と⓸と⑥を合わせ、グラタン皿に盛り、茹でて粗く刻んだかぶの葉をのせ、チーズをかける。
  8. 200℃に予熱したオーブンで10分焦げ目がつくまで焼く。
かぶの葉には、カルシウムを含んでいるので、捨てずに、上手に活用してくださいね。

NPO法人母子栄養懇話会さんのコメント

~カルシウム、鉄分不足対策~
牛乳が苦手な片にオススメです。

妊娠初期(〜12週ころまで)におけるビタミンAの過剰摂取について

NPO法人母子栄養懇話会

妊娠中の食事のたんぱく質を摂る新着レシピ

私たちの身体のほとんどはたんぱく質でできています。身体に必要な酵素やホルモンもたんぱく質からできていますし、妊娠力アップに必要な鉄やビタミンなどの栄養素を、細胞に届け活性化させる大事な役割を担っています。

妊娠中の食事のカルシウムを摂る新着レシピ

カルシウムは骨や歯を作る栄養素。血液や筋肉、神経にも存在しているため、自律神経の調整にも影響を与えます。不足すると足がつったりしびれたり、「イライラはカルシウム不足」と言われるように精神面にも影響を与えると言われています。

妊娠中の食事の鉄を摂る新着レシピ

鉄は、体内で酸素を運ぶ役割を担っています。鉄が欠乏すると酸素の供給が不十分、いわゆる酸欠となって疲れや立ちくらみが起こったり、血流が滞り冷え性や、肩こりや腰痛の原因になります。

妊娠中の食事のビタミンAを摂る新着レシピ

ビタミンAは細胞や器官の形成に深くかかわっています。身体の発育を促したり、肌の健康を維持したり、喉や鼻の粘膜に働いて細菌から身体を守るなど、さまざまな重要な役割を担っています。

妊娠中の食事のビタミンCを摂る新着レシピ

ビタミンCは、体の細胞と細胞を結ぶコラーゲンというたんぱく質を作る栄養素です。強い抗酸化作用があり、有害な活性酵素から身体を守る働きをします。肌や粘膜の健康を維持したり、動脈硬化などの予防にも効果があります。

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

今すぐ使ってみよう

助産師に相談

ウェブ上で、直接助産師に相談ができるコーナーです。妊娠中や育児のお悩みや疑問を、助産師に、いつでも無料で相談できます!病院で聞くことができなかった疑問などに、経験豊富な助産師が丁寧にお答えします。


基礎知識

妊娠・出産・育児で知っておきたい情報を、記事としてまとめています。全ての記事は専門医の監修付きです。産婦人科医、小児科医はもちろん、アレルギー専門医まで。注意すべきことを的確にお伝えします。


Q&A

妊娠中の心配事や、出産や産後のママの体、生まれてきた赤ちゃんの悩みなどに、専門家がお答えするコーナーです。さまざまな質問と回答を掲載していますので、ご自身の状況が当てはまるケースを検索し、参考にしていただくことができます。