ベビカレアプリで見る
ベビーカレンダー

9/26 Sun

プレゼント

メニュー

閉じる

ログイン

いろどり野菜のドライカレー

7

いろどり野菜のドライカレー

栄養価(1人分)

カロリー
740kcal
脂質
35.5g
たんぱく質
33.8g
葉酸
224μg
4.6mg
亜鉛
5.2mg
カルシウム
92mg
ビタミンA
336μg
ビタミンC
48mg
ビタミンD
1.6μg
ビタミンE
5.5mg
ビタミンB1
0.88mg
ビタミンB2
0.77mg
n-3脂肪酸
0.4g
炭水化物
69.5g
食物繊維
7.5g

材料(1人分)

豚ひき肉 100g
アボカド 1/2個
トマト 1個
ほうれん草 50g
1個
カレー粉 小さじ1
顆粒コンソメ 小さじ1/2
食塩 ひとつまみ
雑穀米ごはん 150g

作り方

  1. トマトは軽く水洗いし、ヘタを取って2cm程度のさいの目切りにする。
  2. アボカドは皮をむき、種を取って1と同じ位の大きさに切る。
  3. ほうれん草は水洗いした後、1と2と同じくらいの大きさにざく切りにする。
  4. フライパンを中火にかけ、ひき肉を炒める。(ひき肉から油が出るので油はひかなくてよい)
  5. ひき肉が8割くらい色が変わったらトマトとアボカドを入れ、木ベラでつぶしながら炒める。
  6. 水分が少なくなってきたらコンソメと塩、ほうれん草を入れる。
  7. ほうれん草がしんなりしたら火を止める。
  8. 半熟目玉焼きを作る。雑穀米に7のカレーを盛り、目玉焼きを乗せて出来上がり。
カレーはご飯が主役になりやすい料理。しっかりたんぱく質を補うために目玉焼きをトッピング。半熟卵と一緒に召し上がれ!

NPO法人母子栄養懇話会さんのコメント

夏レシピ。トマトを使えば夏らしいカラフルなカレーのできあがり。

妊娠初期(〜12週ころまで)におけるビタミンAの過剰摂取について

NPO法人母子栄養懇話会

妊娠中の食事のたんぱく質を摂る新着レシピ

私たちの身体のほとんどはたんぱく質でできています。身体に必要な酵素やホルモンもたんぱく質からできていますし、妊娠力アップに必要な鉄やビタミンなどの栄養素を、細胞に届け活性化させる大事な役割を担っています。

妊娠中の食事の鉄を摂る新着レシピ

鉄は、体内で酸素を運ぶ役割を担っています。鉄が欠乏すると酸素の供給が不十分、いわゆる酸欠となって疲れや立ちくらみが起こったり、血流が滞り冷え性や、肩こりや腰痛の原因になります。

妊娠中の食事のビタミンAを摂る新着レシピ

ビタミンAは細胞や器官の形成に深くかかわっています。身体の発育を促したり、肌の健康を維持したり、喉や鼻の粘膜に働いて細菌から身体を守るなど、さまざまな重要な役割を担っています。

妊娠中の食事のビタミンCを摂る新着レシピ

ビタミンCは、体の細胞と細胞を結ぶコラーゲンというたんぱく質を作る栄養素です。強い抗酸化作用があり、有害な活性酵素から身体を守る働きをします。肌や粘膜の健康を維持したり、動脈硬化などの予防にも効果があります。

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)