両親学級(父親学級)にはいつ行く?妊婦体験などの内容や目的について

5

 

「赤ちゃんがうまれるのは待ち遠しいけれど、何をどうすればいいのかわからない。我が子の妊娠出産なのに、イマイチピンとこない」というプレパパに、ぜひ参加して欲しいのが「両親学級(父親学級)」。

体験やレクチャーを通して、妊娠出産におけるパートナーの大変さが理解でき、子育てシーンでのパパの役割を具体的に知ることができます。イクメンブームの昨今、参加するパパも増えているようです。

 

 

両親学級(父親学級)の主な内容-両親学級(父親学級)の育児体験でパパになる自覚を持ってもらう

おなかに赤ちゃんを宿す女性に比べ、これからパパになるという自覚が薄い男性。体のメカニズムが異なるので、仕方ないことなのですが、二人同じ気持ちで我が子の出産・育児に臨みたいですよね。

両親学級(父親学級)のメインは、これからパパになる夫。妊娠出産への理解を深め、父親になるための自覚を促すことが目的です。

内容は各施設によって異なりますが、出産育児をリアルに感じてもらうため、体験を中心にしたプログラムが多いのが特徴です。

 

●両親学級(父親学級)の主な内容

・妊娠出産の知識

妊娠・出産で変化する母体のメカニズム、体調管理、ママが抱える不安要素などについて学びます

 

・妊婦疑似体験

7~8キロのおもりをつけた特別なジャケットを装着する妊婦体験。装着しながら歩く、階段の上り下りなどの体験をするところも

 

・出産までの流れ

陣痛が起きたときの対処法。入院の流れ、立ち会い出産の心構え、いきみ逃しのマッサージ法など

 

・産後のお世話体験

赤ちゃんの人形を使って沐浴やオムツ交換を実際に体験

 

・交流会

ほかの参加者と話し合う交流会を設ける施設もあります

 

 

 

両親学級(父親学級)の主な概要-平日でも両親学級(父親学級)が可能 パパが仕事帰りに参加できるナイトツアーなど

両親学級(父親学級)を主催するのは、自治体、産婦人科・産院、民間企業など。

開催時期は、妊娠中期から後期の間に1回、妊娠初期から後期までの間に3回など、施設によってさまざまです。パパが参加しやすい週末開催が多く、会社帰りに立ち寄れる夜間から開催するベビー用品店などもあります。

産院の場合、同院で出産予定の人のみ参加できる、両親学級(父親学級)への参加が立ち会い出産の条件となっているところもあるので注意しましょう。

 

●両親学級(父親学級)の主な概要

<主催> 自治体、産院、民間企業など

<対象> 妊婦さんとその夫(父親学級の場合は、夫のみ) ※妊娠週数の指定がある場合がほとんど

<主な開催日時> 平日、週末、夜間などに開催しているところも

<持ち物> 母子手帳、筆記具、書類を入れるクリアファイル、沐浴実習用タオル・エプロンなど

<服装> 汚れてもよい、動きやすい服装

<予約> 自治体や産院が主催しているものは予約が必要なケースがほとんど。日数が少なく、すぐに予約が埋まってしまうことが多いので、スケジュールは早めにチェックを。

 

・自治体主催の「両親学級(父親学級)」

(例)千葉市開催「両親学級」

http://www.city.chiba.jp/hokenfukushi/kenkou/shien/ryousinn.html
(外部サイト)

<内容> 夫婦の協力と子育て、妊娠・出産・母乳について、母子保健サービスの紹介など

<対象> 市内在住の妊婦さんとその夫

<開催日時> 土曜・日曜 9時30分~11時30分

<定員> 30組(ペア)

<費用> 無料

<申込> 要予約。千葉市のホームページ、往復ハガキで

 

・産院が主催する「両親学級(父親学級)」

(例)東京衛生病院

http://www.tokyoeisei.com/lecture/lecture04/(外部サイト)

<内容> 妊娠中の栄養・生理と衛生、分娩の準備と経過、無痛分娩(映像)、呼吸法、入院と産後と赤ちゃんについて、病棟映像(映像)

<対象> 同病院で出産予定の妊婦さんとその夫
<開催日時> 日曜 9時30分~12時00分 または 13時30分~16時00分

<費用> 無料

<申込> 不要

 

・民間企業が主催する「両親学級(父親学級)」

(例)アカチャンホンポ プレパパナイトツアー

http://www.akachan.jp/event/prepapa.html(外部サイト)

<内容> 仕事帰りに参加できる時間帯に設定したプレパパ向けのイベント。アカチャンホンポの店内を回り、抱っこひも、オムツ、肌着など、出産・育児に関わる商品の説明を受ける。最新のベビーカーの機能体験、人形を使って肌着の着せ方を学ぶコーナーも

<時間> 19時30分~20時30分 ※店舗によって異なります

<対象> プレパパ5~8名程度(参加費無料)

<申込> 要予約。アカチャンホンポのホームページから

 

 

 

まとめ

両親学級(父親学級)へ参加する前は、「照れくさいし面倒」と思っていたけれど、実際に参加してみたら、「妊婦体験のハードさにびっくりした」「育児へのモチベーションが上がった」「育児グッズへの興味が湧いた」「赤ちゃんがうまれることへの実感を持つことができた」など、出産育児について、前向きになれたというプレパパの声をよく聞きます。

妻にあれこれ言われるよりも、専門家によるレクチャーで実際に体験してみる方が、プレパパには効き目があるようです。

一部の医療施設を除き、両親学級(父親学級)への参加は自由ですが、ママパパになる前の予行練習として、ぜひ参加してみてはいかがでしょう。

 

 


監修者:助産師 REIKO

医療短期大学専攻科卒業後、大学附属病院NICU・産婦人科病棟勤務、私立大学看護学部母性看護学助教を経て、現在ベビーカレンダーで医療系の記事執筆・監修に携わる。

 

 

 

 

【関連記事】

【体験談】立ち会い出産する?しない?私が思う立ち会い出産の話

【子どもの立ち会い出産】 上の子は立ち会わせる?わが家の場合

【体験談】命の尊さを伝えることができた。上の子たちの立ち会い出産

立ち会い出産にする?しない?わが家の両家総出のにぎやか出産

立ち会い出産の心得!先輩ママがパパに伝えたこと

出産前に伝えておきたい!立ち会いパパへの注意事項

【妊娠・出産のQ&A】両親学級(父親学級)に参加していないので出産が不安です

プレパパ必見!私が思う、育児が始まったらパートナーにしてほしいこと

現役パパに聞いた!子育てをして自分が変わったと感じること3つ

母親学級を経験せずに出産に臨んでも大丈夫?

【ママの体験談】父親になる自覚を持ってほしい!マイペースな夫への対応

新米パパ必読!わが家のパパの「ちょっと惜しい!」エピソード

パパだって一生懸命!わが家のパパが育児について学び始めた話

ママが妊娠37週に入ったらパパにしてほしいこと

パパの自覚を持ってもらうために!妊娠中から実践したこと

母親学級で妊娠出産への不安がスッキリ、母親学級に参加した方がいい理由

参加する?しない?母親学級のメリットとは?

参加しないなんてもったいない! 母親学級で学べること

 

 

◆妊娠22週ごろに関するQ&A

 

 

◆立ち会い出産の体験談

旦那が休日の夕方に破水して陣痛開始4時間で産まれました。最初は立会いには消極的でしたがいざ始まると飲み物や着替え、いきむタイミングを助産師さんと声をかけてくれたりと意外に?役に立ちました!
実は翌日、大事な試験だったのですが寝不足のまま受けることに…
しかし見事合格しました!
赤ちゃんと私が頑張ってる姿を見て力をもらったそうです。なので私は立会い出産してよかったなと思います。

こまーず さん

最初から立会い希望でした!LDRだったので、陣痛中は主人、義理母や、義理妹も顔を出してくれました。正直、主人以外は長居は遠慮して欲しいです。主人にはストローをつけたスポーツドリンクを飲ませてもらったり、陣痛間隔がなかなか短くならないので一緒に産院内を散歩したり、腰を押してもらったり最初から最後まで付き添いしてもらいました 。主人のおかげで無事出産できました。わたしは絶対立会いおすすめです☆彡 きっと弱虫ママの為に週末に生まれてきてくれたママ思い息子くんに感謝です!

たいがママ さん

初めての出産の時はちょうど旦那の仕事は休みでした。破水からの促進剤点滴で夕方に本格的な陣痛の痛みが…。しかし前日の夜からなかなか眠れなかった私は寝不足で分娩台に上がって子宮口が全開になるのを待つ間も陣痛の痛みの波がきた時以外はずっとうたた寝(笑)。その間旦那はずっとうちわで私を扇いでくれてました。ついに出産って時にも私が暑い暑い言うのでずっと扇いでくれてました!無事に生まれた娘に大興奮した後に私にお疲れ様、ありがとうと言ってくれました☆ 私は立ち会い出産で良かったです。

ゆい さん

 

その他の立ち会い出産の体験談

その他の体験談

2017/06/06


この記事にいいね!しよう

いいね!
5

現在ログインしていません。

助産師に相談しよう!(無料)

ベビーカレンダーでは助産師に相談ができます。
知りたいことは助産師に質問してみましょう。
会員登録は不要です。

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。