離乳食あんしん基準【7,8カ月ごろ編】

ベビーカレンダーの離乳食カテゴリ【7,8カ月ごろ】は下記の基準で、レシピチェックをしています。離乳食をつくるときに、ぜひ参考にしてください。

離乳食の基本ルール

・はちみつは1才未満まで使用不可
・黒糖は1才未満まで使用不可
・そば、刺身はNG
・玄米、もち米、もちはNG

赤ちゃんに食べさせてはいけない食材はこちらをチェック

赤ちゃんに食べさせてはいけない食材
赤ちゃんに与えていけないものは、はちみつだけではありません。赤ちゃんが食べていいもの悪いものを、「ベビーカレンダーあんしん基準」からピックアップし、はちみつ以外でも...

7,8カ月ごろの離乳食のルール

全体(おかゆ系、おかず系ともに)

・舌でつぶせる固さであること
・穀類、野菜、肉、魚類、卵黄、乳製品、大豆製品は加熱すること(トマト、果物、プレーンヨーグルトは非加熱でOK)

<穀類(米・パン類、めん類など)>
・米(7倍がゆ)、食パン、うどん(乾、冷凍、ゆでともにOK。乾めんはやわらかくゆで、水によくさらして塩を抜く。冷凍もゆでもやわらかく煮込む)、そうめん(ゆでたあとしっかり水洗いする)、マカロニ(やわらかく煮る)、コーンフレーク(無糖、砕いて湯で煮てトロトロにする)、小麦粉、米粉がOK

<野菜類>
・じゃがいも、にんじん、かぼちゃ、キャベツ、かぶ、かぶの葉、白菜、大根、小松菜、玉ねぎ、ほうれん草、さつまいも、里芋、いんげん、青梗菜、なすはOK
→すべて加熱し、つぶしたり細かく刻む
・そのほか、トマト・ミニトマト(湯むきして種をとる)、ブロッコリー・カリフラワー(花蕾[からい]だけゆでる)、とうもろこし(ゆでてポタージュ状にしたもの)グリーンピース(やわらかくゆでて薄皮をむき、喉につまらせないようこまかく刻む)、アスパラガス(穂先をゆでる)、レタス(葉先をゆでる)、オクラ(やわらかくゆでて細かく刻む)、ズッキーニ(皮をむいて中央の種をとり、加熱する)もOK

<果物類>
・みかん、なし、すいか、いちご、メロン、リンゴ、バナナ、桃、キウイフルーツ、ぶどう(皮と種を取り除き、喉につまらせないよう細かく刻む)はOK
*キウイフルーツは食物アレルギー20品目食品。初めて食べさせるときは他の食品以上に慎重に

<海草類>
・ひじき、わかめはやわらかくなるまで加熱し細かく刻めばOK

<魚類>
・白身魚(たい、生たら、ひらめ、かれい、しらす干し=熱湯をかけて塩抜きしていること)、生鮭(さけ)、めかじき(加熱するとかたくなるのとろみがある食材と合わせたりする工夫を)はOK。
・さけ缶は、熱湯をかけて塩抜きしてから使用すればOK

<肉類>
・鶏ささみ。慣れたら鶏胸肉(鶏皮は含まない)、鶏ひき肉はOK。鶏ささみ缶もOK

<卵>
・卵黄のみ(鶏卵、うずら卵)OKだが、しっかり火を通すこと
*卵(卵黄)は食物アレルギー7品目食品。初めて食べさせるときは他の食品以上に慎重に

<乳製品>
・ベビーミルクを使用した味つけはOK
・プレーンヨーグルト(無糖、プレーン)、カッテージチーズ、粉チーズ(ただし量はごく少量に限る)はOK
・牛乳はOKだが、しっかり加熱すること
*牛乳・乳製品は食物アレルギー7品目食品。初めて食べさせるときは他の食品以上に慎重に

<大豆製品>
・豆腐(食べやすいため絹豆腐が望ましい)、納豆(ひきわり、またはこまかく刻むこと)、きなこ(風味づけ程度)、高野豆腐(すりおろす、または煮てからこまかく刻む)、豆乳(加熱すること)はOK

<そのほかの食品>
・手作りのスープ(野菜だし)や昆布だし、かつおぶしだしの使用はOK。削り節そのものの使用もOK

・クリームコーン缶、麩、青のりはOK
・水溶き片栗粉でとろみをつけるのもOK

・塩、しょうゆ、砂糖、みそは使えるが少量に留める

7,8カ月ごろの食べていいもの・ダメなもの食材早見表こちら

*赤ちゃんの食欲や発育・発達には個人差があります。月齢や進め方は目安です。赤ちゃんのようすをみながら離乳食を進めてください

*食物アレルギーのない赤ちゃんに対応しております。アレルギーのリスクが疑われる場合や診断されている場合は、医師の指導に従ってください

ベビーカレンダー編集部

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

今すぐ使ってみよう

助産師に相談

ウェブ上で、直接助産師に相談ができるコーナーです。妊娠中や育児のお悩みや疑問を、助産師に、いつでも無料で相談できます!病院で聞くことができなかった疑問などに、経験豊富な助産師が丁寧にお答えします。


基礎知識

妊娠・出産・育児で知っておきたい情報を、記事としてまとめています。全ての記事は専門医の監修付きです。産婦人科医、小児科医はもちろん、アレルギー専門医まで。注意すべきことを的確にお伝えします。


Q&A

妊娠中の心配事や、出産や産後のママの体、生まれてきた赤ちゃんの悩みなどに、専門家がお答えするコーナーです。さまざまな質問と回答を掲載していますので、ご自身の状況が当てはまるケースを検索し、参考にしていただくことができます。